10月が旬の野菜【秋本番!栄養満点で美味しい根菜おすすめ3選!】

野菜の旬

 

この記事で分かること
  • 10月が旬の野菜
  • 10月に旬を迎えるおすすめの野菜3つ
  • 旬の野菜をお得に買うおすすめの方法

アルトム
自然食品店の店長。Webライター。日本の食文化、食養を学んでいます。このブログでは主に「食の安全」「野菜の効能」について情報を発信しています。

 

現代は、便利な生活ができるようになった反面、自然の「旬」を感じにくくなっています。

旬を知ることで、本来あるべき食の在り方を学ぶことができます。

なぜなら、旬の食べ物を食べることは私たちの自然の形であり、その季節を生きてゆく上で最適な体づくりができるからです。

また、旬の野菜は、その野菜の栄養価が最も高い時であり、多く収穫できることからお財布にも優しいです。

健康にもなるし、節約にもなる。

10月は「10月が旬の野菜」を取り入れましょう。

 

この記事では、10月に旬を迎える野菜と、その中でもおすすめの野菜を3種類紹介します。

また、記事の後半では、「安全で美味しい旬の野菜」を買うおすすめの方法も紹介します。

「旬」を知ることで、あなたの食生活は今よりきっと豊かになるはずです。

※「すぐに旬の野菜をお得に買う方法が知りたい!」という人は、「旬の野菜をお得に買うおすすめの方法」に進んでください。

 

10月が旬の野菜一覧

10月が旬の野菜

 

夏野菜が旬を終えて、まさに秋本番。

10月は特に根菜類、キノコ類などが美味しい季節です。

秋の味覚をたくさん取り入れて、「食欲の秋」をたっぷり堪能しましょう。

 

10月が旬の野菜

果菜類 赤唐辛子 カボチャ シソ 食用菊 そうめん南瓜 トウガン もやし
葉茎菜類 アイスプラント エシャロット 空芯菜 小松菜 セリ チコリー チンゲン菜 白菜 ルッコラ レタス レッドキャベツ ニラ 花ニラ 三つ葉 ブーケレタス
根菜類 エビ芋 カブ コンニャク芋 サツマイモ 里芋 ジャガイモ ホースラディッシュ 人参レンコン 山芋 ユリネ
キノコ類 エリンギ きくらげ しいたけ しめじ なめこ マイタケ マッシュルーム まつたけ

 

10月が旬の野菜おすすめ3選!

 

では、10月に旬を迎える野菜の中で、おすすめの野菜を3つ紹介します。

check!
  • エビ芋
  • サツマイモ
  • 人参

 

10月が旬の野菜おすすめ①エビ芋

 

エビ芋は横縞の模様がついていて、形がエビのように曲がっている芋です。

京都を中心に消費されているので、「京芋」とも呼ばれています。

一般的な里芋よりも高級品として扱われ、粘りが強く、しまりのある肉質を持っています。

煮崩れしにくく、煮物やおでんなどによく使われてます。

 

エビ芋の栄養

主成分は炭水化物とタンパク質で、穀物類とは違うでんぷんを持ち、腸内での吸収率が高いです。

脂肪の燃焼に必要なビタミンB2が多く、しかもカロリーが低いので、ダイエットにも最適といえます。

また、ジャガイモよりも塩分排出作用のあるカリウムが多く含まれているので、高血圧が気になる人、むくみが気になる人にもおすすめの野菜です。

 

ぬめり成分であるムチンには老化防止作用や肝臓・腎臓を丈夫にする働きがあり、胃の粘膜を保護し、消化を助ける働きがあります。

さらに、腸内で善玉菌を増やし、悪玉菌を減らす働きがあるので整腸作用も期待できます。

 

エビ芋の食べ方

調理法としては、煮物、お味噌汁が一般的ですが、唐揚げにしても美味しいです。

ホクホクして一味違った食感を楽しむことができます。

また、揚げることによってコクが出て、エビ芋が持つ甘みと香りにさらに深みが出ます。

マッシュしたエビ芋に片栗粉を入れて、油で揚げ焼きにする「エビ芋饅頭」というレシピもあります。

ちょっとしたおつまみなんかにもピッタリですよ。≫「海老芋饅頭」のレシピ(SnapDish)

みんなが作っているエビ芋のレシピ(クックパッド)

 

10月が旬の野菜おすすめ②サツマイモ

 

サツマイモはヒルガオ科サツマイモ属の植物で、栄養分を豊富に蓄え肥大した根っこの部分を一般的に食べます。

多くの人に愛されている国民的野菜ですね。

 

サツマイモの栄養

食物繊維がとても多く、その量はジャガイモの2倍もあります。

整腸作用に優れているので便秘の予防や改善にとても効果的です。

サツマイモを切ったときに出てくる白い液体の成分は「ヤラピン」と呼ばれ、食物繊維との相乗作用で便通を良くしたり、胃を守る働きがあります。

また、ビタミンC、E、カリウム、鉄分などの栄養成分も多く含まれています。

ちなみに、中身が濃い色(オレンジ色や黄色)をしているものほど抗酸化作用のあるβ‐カロテンが豊富に含まれています。

 

サツマイモの食べ方

食べるときは皮を剥きがちですが、実は食物繊維は皮の近くに多く含まれています。

ですので、調理する際はできるだけ皮も食べれるように工夫しましょう。

焼き芋や大学芋、サツマイモスティック、天ぷらなどがおすすめです。

お味噌汁に入れても美味しいですね。

腹もちが良いので、おやつから主食としてまでも、またダイエット時にもよく選ばれる野菜です。

みんなが作っているサツマイモのレシピ(クックパッド)

 

サツマイモの栄養についてより詳しく知りたい人は、「焼き芋でダイエット!?その栄養と健康効果【こどものおやつにも最適です】」の記事も参考にしてください。

焼き芋でダイエット!?その栄養と健康効果【こどものおやつにも最適です】

 

10月が旬の野菜おすすめ③人参

 

人参はせり科ニンジン属の二年草。

実は、西洋種と東洋種の2種類あります。

一般に私たちが普段目にしているのは西洋種の人参です。

 

人参の栄養

カロテンの語源は「carrot(キャロット)」であるように、抗酸化作用のあるβ‐カロテンを非常に多く含んでいます。

β‐カロテンは活性酸素による酸化を防ぎ、動脈硬化の予防や制ガン作用に期待ができます。

そのβ‐カロテン、人参の含有量は野菜の中でもトップクラスです。

 

また、血液の凝固を助け、骨を強くするビタミンKビタミンCカルシウムも豊富に含まれています。

ちなみに、葉の方が根っこの部分よりもビタミンKが多く、カルシウムも約3倍含まれていて、栄養が豊富です。

葉付きの人参が手に入ったら、葉っぱも残さず調理することをおすすめします。

 

人参の食べ方

「人参のにおいや風味がちょっと苦手」という人は、カレー粉とマヨネーズで和えればにおいを気にせずに美味しく食べる事ができますよ。

ツナとも相性が良いのでおすすめです。

ポタージュや煮物、和食にも洋食にも幅広く使われている人参ですが、前述したとおり、特にβ‐カロテンが豊富です。

カロテンは脂溶性なので、きんぴらごぼうなど油を使うレシピが良いです。

 

他にも、人参のレシピは多くあり、「人参しりしり」や「人参のたらこ炒め」などもおすすめです。

使い切れなかった人参は、新聞紙に包んでからビニール袋に入れて野菜室で保存しましょう。

葉がついているものは葉を切り落としてから保存してください。

みんなが作っている人参のレシピ(クックパッド)

 

旬の野菜をお得に買うおすすめの方法

 

アルトム
旬の野菜をお得に買うおすすめの方法が3つあります!
  1. 野菜宅配 安心安全!品質の良い野菜が自宅に届く!
  2. 道の駅 スーパーより安い!近くにある人は利用すべき!
  3. ふるさと納税 寄付で旬の野菜がもらえる!

 

旬の野菜をお得に買う①野菜宅配

1番のおすすめは「野菜宅配サービス」です。

野菜宅配を利用すると、安全で品質の良い旬の野菜が手に入ります!

一般に、野菜宅配や食材宅配は料金が高いイメージがありますが、その安全性と品質、そして体への健康効果を考えると、とてもお得な内容といえます。

いわば、「健康投資」ですね。

 

ここでは、特に安全と品質にこだわっている野菜宅配サービスを紹介します。

「美味しくて安全な旬の野菜」を求めている人にぴったりの会社です。

おすすめの野菜宅配

 

おすすめの野菜宅配に関しては「【決定版】野菜宅配おすすめランキング!食の安全を考えるならこの5つ!」の記事で詳しく紹介していますので、よろしければ参考にしてください。

【決定版】野菜宅配おすすめランキング!食の安全を考えるならこの5つ!

 

旬の野菜をお得に買う②道の駅

「道の駅」などの直売所は、一般スーパーより安く旬の野菜を買うことができます。

その理由は余計な手数料がかかっていないからです。

スーパーなどで販売するには、仲介手数料やお店の利益が加算されて売値がつけられています。

しかし、道の駅などの直売所では、そのような仲介を挟まず、農家さんが直接販売するので、手数料が上乗せされず、比較的やすく価格が設定されています。

また、形が悪くてスーパーなどでは販売できない、流通から漏れてしまった野菜なども「ワケあり商品」として安く売られることもあります。

また、収穫されて出荷までの時間が短いのもメリットの一つで、一般スーパーよりも鮮度が良い野菜が手に入ります。

 

ただし、安全性や品質、これも生産者や店舗によって差があるのは事実です。

これは実際に足を運んで、自分の目で確かめてみないと分かりません。

いずれにしても、近くに「道の駅」がある人は旬の野菜をお得に買うことができますので、これを利用しない手はないですね。

関東近郊の人気「道の駅」はどこ!?人気10駅の魅力&人気の秘密を徹底解剖!

 

旬の野菜をお得に買う③ふるさと納税

ここ数年で人気が出てきたふるさと納税でも、旬の野菜を手に入れることができます。

ふるさと納税を利用すると、買った額に応じて、所得税・住民税から減税されますので、実質的にはかなりお買い得です。

ただし、控除額には所得に応じた「控除上限額」がありますので、公式サイトで確認してみてください。

「さとふる」ふるさと納税を地域から探す

 

まとめ

 

秋は1年の中で最も過ごしやすい時季ですが、夏の疲れが出たり、冬に向けて体をつくってゆく期間でもあります。

栄養満点な根菜をじょうずに取り入れて、この旬にしか味わえない野菜料理を楽しみましょう。

 

旬の野菜には、その時季を健康に過ごすための体を調整してくれる働きがあります。

現在は、ビニールハウスや科学技術の発展により、1年中同じ野菜が食べれるようになりました。

自分の好きな物、あるいは栄養価の高いものだけをいつでも選んで食べれるようになったのです。

たしかに、食が不足している地域や国で暮らす人にとっては、「いつでも食べれる」というのはありがたいことですが、旬を外した野菜を摂り続けると、かえって体のバランスを崩してしまうことがあります。

旬の時期がその野菜の最も栄養価の高い時であり、それを食べることで、その時の私たちの体に最も適した健康効果が得られます。

 

 

旬の野菜について学ぶ

野菜について詳しく知るなら、こちらの本がおすすめです。

旬の時期だけでなく、特に多い栄養成分の紹介、簡単なレシピ、保存方法などが載ってて、これが1冊あれば野菜の情報が簡単に分かります。

野菜好きの人は読んでるだけで楽しいと思います。

 

 

また、野菜の知識を深めて仕事に生かしたいという人は、野菜ソムリエの資格を取ることもおすすめです。

野菜についての幅広い知識が得られて、仕事に生かせるだけでなく、毎日の食生活が豊かになると思います。

資格の内容や費用などについては「野菜ソムリエとは?【資格の取り方、費用、難易度について詳しく解説します】」で詳しく解説しています。