5月が旬の野菜【まだまだ美味しく楽しめる春野菜&夏に向かうおすすめ3選!】

野菜の旬

 

この記事で分かること
  • 5月が旬の野菜
  • 5月に旬を迎えるおすすめの野菜3つ
  • 旬の野菜をお得に買うおすすめの方法

アルトム
自然食品店の店長。Webライター。日本の食文化、食養を学んでいます。このブログでは主に「食の安全」「野菜の効能」について情報を発信しています。

 

便利な生活ができるようになって、旬を感じにくくなっている現代ですが、旬の野菜を食べることは本来の食の在り方であって、体にもメリットが多くあります。

この記事では、5月に旬を迎える野菜を紹介します。

また、記事の後半では、品質のいい旬の野菜を買う方法も紹介します。

記事を読むことで、旬の野菜を知ることができますので、毎日の暮らしがきっと豊かになるはずです。

※すぐに「旬の野菜をお得に買う方法」が知りたい人は、「旬の野菜をお得に買うおすすめの方法」に進んでください。

 

5月が旬の野菜一覧

5月が旬の野菜

果菜類

ウスイ豆 絹サヤエンドウ グリーンピース 国産カボチャ さや大根 ソラ豆 白瓜 スナップエンドウ 春夏人参 ナス ヤングコーン 

葉茎菜類

イタドリ ウコギ ウルイ グリーンアスパラガス コゴミ コシアブラ サラダ菜 山東菜 シロ菜 ゼンマイ 玉ねぎ タラの芽 チンゲン菜 豆苗 ニラ ニンニク ニンニクの芽 春キャベツ 春レタス フェンネル フキ モヤシ山ウド ワラビ

根菜類 新ジャガイモ 新ゴボウ タケノコ 長芋 ラッキョウ
キノコ類 エリンギ シイタケ マッシュルーム 

 

春から夏へと向かってゆく5月。

多くの春野菜が出回っています。

春キャベツや新玉ねぎなど、どの食材も甘みが強いのが特徴的です。

また、山菜が持つ独特の苦みや香りも、この時期に楽しめる味わいの一つですね。

 

5月が旬の野菜おすすめ3選!

 

では、5月に旬を迎える野菜の中で、特におすすめの野菜を3つ紹介します。

check!
  • 国産かぼちゃ
  • そら豆
  • フェンネル

 

5月が旬の野菜おススメ①国産かぼちゃ

 

一般に知られているカボチャは西洋カボチャで外国から輸入するものも多く出回っています。

そのため、通年出回っている印象がありますが、国産のかぼちゃは5月頃から収穫が始まり、少しずつ出回ります。

 

鮮やかな黄色のもとでもあるβ‐カロテン(ビタミンA)をはじめ、ビタミンC、Eが豊富で、どれも抗酸化作用に優れています。

「カボチャを食べたら風邪をひかない」とよくいわれますが、免疫を強化するビタミンCと、血流を良くするビタミンEの働きによって、健康効果が期待できる野菜です。

 

レシピやアレンジもバリエーション豊かなカボチャは、おかずや副菜だけでなく、甘味もあるのでおやつとしても人気があります。

特に豊富なβ‐カロテンは、実だけでなく皮にも含まれていることから、煮物などにして皮ごと食べるのがおすすめです。

また、普段は捨ててしまう種も実はローストすれば、とても美味しく食べる事が出来ます。

ちなみに、カボチャは保存がきく野菜です。

家庭でも、丸ごとなら約1~2か月保存が可能なのでとても便利な食材です。

みんなが作っているかぼちゃのレシピ(クックパッド)

 

5月が旬の野菜おススメ②そら豆

 

そら豆はマメ科そら豆属の植物で、大豆、エンドウ豆、落花生、インゲン豆、ひよこ豆とともに6大食用豆の1つに数えられています。

 

そら豆に含まれる栄養素で特に多いのは、資質や糖質の代謝を促す働きがあるビタミンB1B2です。

これら栄養素の働きによって、体内のエネルギー代謝が良くなり、疲労回復にとても効果的です。

 

さらに、そら豆の薄皮には食物繊維が多く含まれていて、血糖値の上昇を抑えるほか、便秘の改善などの効果も期待されています。

そのため、鮮度の良いそら豆であれば、薄皮ごと食べるのもおすすめです。(薄皮は少し固いですが、その食感が意外にも美味しく、クセになる人も多いです)

また、そら豆は茹でても美味しいのですが、素揚げにするのもおすすめで、茹でるより早く柔らかくすることができますし、薄皮も気にぜず食べる事ができます。

 

他にも、茹でたそら豆をマッシュして、ホクホクした食感を楽しめるコロッケなどにしても、そら豆の味を存分に味わう事ができます。

みんなが作っているそら豆のレシピ(クックパッド)

 

5月が旬の野菜おススメ③フェンネル

 

フェンネルは地中海沿岸を原産とするセリ科ウイキョウ属の植物に分類されます。

ヨーロッパではお馴染みの野菜ですが、日本では流通が少なく、非常に珍しい野菜です。

 

このフェンネルには、毎日の健康に欠かせないカリウム、鉄分、ビタミンC、食物繊維をはじめ栄養素が豊富に含まれています。

特に多く含まれているのがビタミンAで、免疫機能の向上や細胞の老化防止に効果があります。

その他にも、骨や歯の成長に欠かせないカルシウムやリン、体内の余分な水分を排出してくれるカリウムも含まれているので、むくみや高血圧にも効果があります。

さらに、フェンネルの香り成分である「アネトール」は、消化促進に高い効果があるほか、女性ホルモンに似た働きをすることで生理不順を改善するなど女性の悩みを解消する効果があるといわれています。

 

食感はセロリに似ていて、独特の甘みがあります。

根元の部分は玉ねぎと同じようにスープや炒め物に、葉はハーブとして料理の香り付け等によく用いられ、生臭さを消すのに特に効果的で、魚料理と相性がいいです。

みんなが作っているフェンネルのレシピ(クックパッド)

 

旬の野菜をお得に買うおすすめの方法

 

アルトム
旬の野菜をお得に買うおすすめの方法が3つあります!
  1. 道の駅 スーパーより安い!近くにある人は利用すべき!
  2. ふるさと納税 寄付で旬の野菜がもらえる!
  3. 野菜宅配 安心安全!品質の良い野菜が自宅に届く!

 

旬の野菜をお得に買う①道の駅

「道の駅」などの直売所は、一般スーパーより安く旬の野菜を買うことができます。

その理由は余計な手数料がかかっていないからです。

スーパーなどで販売するには、仲介手数料やお店の利益が加算されて売値がつけられています。

しかし、道の駅などの直売所では、そのような仲介を挟まず、農家さんが直接販売するので、手数料が上乗せされず、比較的やすく価格が設定されています。

また、形が悪くてスーパーなどでは販売できない、流通から漏れてしまった野菜なども「ワケあり商品」として安く売られることもあります。

また、収穫されて出荷までの時間が短いのもメリットの一つで、一般スーパーよりも鮮度が良い野菜が手に入ります。

 

ただし、安全性や品質、これも生産者や店舗によって差があるのは事実です。

これは実際に足を運んで、自分の目で確かめてみないと分かりません。

いずれにしても、近くに「道の駅」がある人は旬の野菜をお得に買うことができますので、これを利用しない手はないですね。

関東近郊の人気「道の駅」はどこ!?人気10駅の魅力&人気の秘密を徹底解剖!

 

旬の野菜をお得に買う②ふるさと納税

ここ数年で人気が出てきたふるさと納税でも、旬の野菜を手に入れることができます。

ふるさと納税を利用すると、買った額に応じて、所得税・住民税から減税されますので、実質的にはかなりお買い得です。

ただし、控除額には所得に応じた「控除上限額」がありますので、公式サイトで確認してみてください。

「さとふる」ふるさと納税を地域から探す

 

旬の野菜をお得に買う③野菜宅配

野菜宅配を利用すると、安全で品質の良い旬の野菜が手に入ります!

一般に、野菜宅配や食材宅配は料金が高いイメージがありますが、その安全性と品質、そして体への健康効果を考えると、とてもお得な内容と思います。

いわば、「健康投資」ですね。

 

また、会社によっては「お試しセット」があり、それなら通常の半額以下で購入できるところもあります。

おすすめの野菜宅配
  • 坂ノ途中【野菜が格別!】→化学合成農薬・化学肥料不使用で、環境負荷の小さい農法で元気に育った野菜を届けてくれます。数ある食材宅配サービスの中、野菜の美味しさは格別です。
  • 大地を守る会【老舗の安心】→創業40年以上の食材宅配のパイオニア。食材の安全基準が非常に厳しく、有機野菜や添加物をなるべく使用しない加工品など幅広く取り揃えています。
  • ココノミ【厳選された野菜】→厳選された無農薬野菜が届き、使えば使うほど自分好みの食材が提案されます。商品には味覚項目が設定されているのも他にはないサービスです。

 

おすすめの野菜宅配に関しては「【決定版】野菜宅配おすすめランキング!食の安全を考えるならこの5つ!」の記事で詳しく紹介していますので、よろしければ参考にしてください。

【決定版】野菜宅配おすすめランキング!食の安全を考えるならこの5つ!

 

まとめ

 

5月は春から夏へと切りかわる時期で、春野菜も多くある中、夏野菜も少しずつ出回りはじめます。

季節の変わり目は体調を崩しやすいので、旬の野菜を食べて体を整える必要があります。

 

現在は、ビニールハウスや科学技術の発展により、1年中同じ野菜が食べれるようになりました。

自分の好きな物、あるいは栄養価の高いものだけをいつでも選んで食べれるようになったのです。

たしかに、食が不足している地域や国で暮らす人にとっては、「いつでも食べれる」というのはありがたいことですが、旬を外した野菜を摂り続けると、かえって体のバランスを崩してしまうことがあります。

旬の時期がその野菜の最も栄養価の高い時であり、それを食べることで、その時の私たちの体に最も適した健康効果が得られます。

 

旬の野菜について学ぶ

野菜について詳しく知るなら、こちらの本がおすすめです。

旬の時期だけでなく、特に多い栄養成分の紹介、簡単なレシピ、保存方法などが載ってて、これが1冊あれば野菜の情報が簡単に分かります。

野菜好きの人は読んでるだけで楽しいと思います。

 

 

また、野菜の知識を深めて仕事に生かしたいという人は、野菜ソムリエの資格を取ることもおすすめです。

野菜についての幅広い知識が得られて、仕事に生かせるだけでなく、毎日の食生活が豊かになると思います。

資格の内容や費用などについては「野菜ソムリエとは?【資格の取り方、費用、難易度について詳しく解説します】」で詳しく解説しています。