9月が旬の野菜【夏から秋へと切り替わる!カラダをつくる秋野菜3選!】

野菜の旬

 

この記事で分かること
  • 9月が旬の野菜
  • 9月に旬を迎えるおすすめの野菜3つ
  • 旬の野菜をお得に買うおすすめの方法

アルトム
自然食品店の店長。Webライター。日本の食文化、食養を学んでいます。このブログでは主に「食の安全」「野菜の効能」について情報を発信しています。

 

現代は便利な生活ができる分、「旬」を感じにくくなっています。

特に季節の変わり目は体調を崩す人が多いですが、毎日の食事に旬の野菜・食材を取り入れることで、その季節を元気に過ごす体づくりができるようになります。

旬の野菜は、その野菜の栄養価が最も高い時であり、多く収穫できることからお財布にも優しいので、私たちにとって良いことづくめです。

また、旬を知ることは、本来あるべき食の在り方を学ぶことにもなります。

 

この記事では、9月に旬を迎える野菜と、その中でもおすすめの野菜を3つ紹介します。

また、記事の後半では、安全で美味しい旬の野菜を買う方法も紹介しています。

「旬」を知ることで、あなたの食生活は今よりきっと豊かになるはずです。

※「すぐに旬の野菜をお得に買う方法が知りたい!」という人は、「旬の野菜をお得に買うおすすめの方法」に進んでください。

 

9月が旬の野菜一覧

 

9月に入っても、残暑がまだ厳しい日が続きます。

そのため夏野菜も出回ってはいますが、徐々に秋野菜も出始め、特にレンコンや里芋などの根菜類が美味しい季節です。

また、秋の味覚の王様である松茸も早いものでは旬を迎えます。

秋の体をつくるために、秋野菜を積極的に取り入れるようにしましょう。

 

9月が旬の野菜

果菜類 青パパイヤ 青唐辛子 枝豆 オクラ カボチャ キュウリ さやいんげん シソ 食用菊 ズッキーニ そうめん南瓜 トウガン トウモロコシ トマト ナス パプリカ ピーマン もやし ユウガオ
葉茎菜類 アイスプラント 空芯菜 茎レタス 小松菜 セリ チコリー チンゲン菜 白菜 リーフレタス レタス レッドキャベツ ニラ 花ニラ 三つ葉 ブーケレタス モロヘイヤ
根菜類 サツマイモ 里芋 ジャガイモ レンコン ユリネ
キノコ類 エリンギ きくらげ しいたけ しめじ まつたけ

 

9月が旬の野菜おすすめ3選!

 

では、9月に旬を迎える野菜の中で、特におすすめの野菜を3つ紹介します。

check!
  • 里芋
  • ナス
  • レッドキャベツ

 

9月が旬の野菜おすすめ①里芋

 

里芋は秋野菜の代表格です。

煮物料理が美味しく、日本では昔から食べられてきた野菜ですね。

 

里芋の栄養

里芋の特徴である粘りは「ガラクタン」と「ムチン」という成分で、特にムチンには消化管粘膜の保護作用があり、食べ物の吸収をゆるやかにしたり胃潰瘍の予防にも役立ちます。

また、カリウムも豊富に含まれていて、それにより体内の余分なナトリウムの排出を促してくれるので、血圧を下げる効果があります。

里芋には、整腸作用のある不溶性食物繊維、そしてコレステロールを排出する水溶性食物繊維が多く含まれています。

ですので、脂質代謝の改善や便秘にも効果があります。

 

里芋の食べ方

実は里芋は、芋の仲間の中で最も低エネルギーなので、ダイエット中の人にもおすすめの野菜なんです。

レシピの種類も豊富にあります。

煮物にしても、焼いても揚げても、さまざまな形で里芋の食感を楽しむことができます。

例えば、茹でた里芋をマッシュして、ハムとチーズをトッピングし、フライパンで焼き上げるだけで簡単に「里芋モチ」の完成です。≫「モチモチ チーズ入り里芋もち」レシピ(moguna)

 

また、ホワイトソースと合わせてグラタン皿に入れて、チーズをのせてオーブンでこんがり焼けば、ねっとり感がなんともたまらない「里芋グラタン」の出来上がりです。≫「とろける里芋グラタン」レシピ(クラシル)

 

注意すべきポイントは、里芋のアクにはシュウ酸が含まれていてかぶれるので、塩で軽くもんでから使うか、サッと下茹でしてから調理するのが良いです。

洗ってしまうと日持ちしないので、2、3日で使い切るようにしましょう。

また、保存する場合は、土がついたまま新聞紙に包んで、寒すぎない、湿気の少ない場所に保管しておくといいです。

みんなが作っている里芋のレシピ(クックパッド)

 

9月が旬の野菜おすすめ②ナス

 

ナスはインド原産のナス科一年生の野菜です。

果実の色が一般的な物は黒紫色をしていますが、白色、緑色、黄色などもあり、果実の形も球形や卵型をしているものなどバリエーションがとても豊富です。

 

ナスの栄養

ナスには「ナスニン」というポリフェノールが含まれており、それが紫色の元にもなっています。

また、「アントシアニン」も含まれており、目の疲労回復、目の機能のサポートに効果があるだけでなく、強い抗酸化作用があるのが特徴です。

 

ナスは90%以上が水分なので栄養価は多くないとよくいわれますが、美肌作用・風邪の予防に役立つビタミンC、血栓予防の働きをするビタミンPが多く含まれています。

また、ミネラルの中でもカリウムが豊富で、利尿効果があります。

 

ちなみに、日本には『秋茄子は嫁に食わすな』という諺がありますが、この言葉の意味は諸説あります。

「秋に旬を迎えて美味しくなるナスを嫁に食べさせるのはもったいない」という姑さんの意地悪な気持ちを表しているもの。

また、「ナスには体を冷やす性質があるので、涼しくなってきた秋にナスを食べると、体調を崩してしまう」というお嫁さんを心配している姑さんの気持ちを表しているものです。

いずれにしても、秋ナスはとても美味しいので食べ過ぎないように気を付けましょう。

 

ナスの食べ方

ナスはアクが強いので、切ったままにしておくとクロロゲン酸という抗酸化物質の作用で変色してしまいます。

変色を防ぐために水にさらすのですが、サッと短時間で済ませる方がナスニンの溶解を最小限でとどめることができます。

 

ナスはそのまま焼いてもとても美味しいですが、油や味噌、ひき肉などとも相性バッチリです。

低カロリーで1本約20キロカロリー程ですが、油で炒めると果肉がスポンジ状なので給油率がとても高いです。

なので炒め物に使う際は、油は一度に入れずに少しづつ炒めながら足して調理することをおすすめします。

みんなが作っているナスのレシピ(クックパッド)

 

9月が旬の野菜おすすめ③レッドキャベツ

 

レッドキャベツは「赤キャベツ」「紫キャベツ」とも呼ばれており、葉の表面が鮮やかな紫色で、切り口は白く、紫と白の彩りがとてもキレイなキャベツです。

サイズ感は普通のキャベツに比べて若干小ぶりで、葉が肉厚なのが特徴的です。

 

レッドキャベツの栄養

普通のキャベツと比べて「ビタミンC」が豊富に含まれていて、その他のビタミン、ミネラル、食物繊維なども平均して多く含まれています。

紫色の元は「アントシアニン」というポリフェノールで、眼の疲労回復効果、視力回復効果があります。

普通のキャベツでは摂取できない栄養まで手軽に取れるのは一石二鳥ですね。

 

また、胃の粘膜を保護する「ビタミンU」も豊富に含まれています。

このビタミンUと前述したビタミンC、そしてアントシアニンは加熱調理に弱いです。

特に、アントシアニンが溶け出すと煮汁などが紫色になってしまいますので、注意が必要です。

 

レッドキャベツの食べ方

レッドキャベツの美しい紫色を活かすなら、サラダなどの生食がおすすめです。

マリネにすると紫色が鮮やかでとても綺麗ですね。

お酢とも相性が良いので、食欲促進、胸やけや胃もたれの回復などに、とても効果が期待されます。

 

生食以外にも、あさりを使ったパスタ「ボンゴレ」にもレッドキャベツはとても合います。

さらに、アレンジレシピとして餃子も挑戦してみてはいかがでしょうか。

普通のキャベツの代わりに使うだけで栄養も手軽に摂取でき、意外に美味しいですよ。

みんなが作っているレッドキャベツのレシピ(クックパッド)

 

旬の野菜をお得に買うおすすめの方法

 

アルトム
旬の野菜をお得に買うおすすめの方法が3つあります!
  1. 野菜宅配 安心安全!品質の良い野菜が自宅に届く!
  2. 道の駅 スーパーより安い!近くにある人は利用すべき!
  3. ふるさと納税 寄付で旬の野菜がもらえる!

 

旬の野菜をお得に買う①野菜宅配

1番のおすすめは「野菜宅配サービス」です。

野菜宅配を利用すると、安全で品質の良い旬の野菜が手に入ります!

一般に、野菜宅配や食材宅配は料金が高いイメージがありますが、その安全性と品質、そして体への健康効果を考えると、とてもお得な内容といえます。

いわば、「健康投資」ですね。

 

ここでは、特に安全と品質にこだわっている野菜宅配サービスを紹介します。

「美味しくて安全な旬の野菜」を求めている人にぴったりの会社です。

おすすめの野菜宅配

 

おすすめの野菜宅配に関しては「【決定版】野菜宅配おすすめランキング!食の安全を考えるならこの5つ!」の記事で詳しく紹介していますので、よろしければ参考にしてください。

【決定版】野菜宅配おすすめランキング!食の安全を考えるならこの5つ!

 

旬の野菜をお得に買う②道の駅

「道の駅」などの直売所は、一般スーパーより安く旬の野菜を買うことができます。

その理由は余計な手数料がかかっていないからです。

スーパーなどで販売するには、仲介手数料やお店の利益が加算されて売値がつけられています。

しかし、道の駅などの直売所では、そのような仲介を挟まず、農家さんが直接販売するので、手数料が上乗せされず、比較的やすく価格が設定されています。

また、形が悪くてスーパーなどでは販売できない、流通から漏れてしまった野菜なども「ワケあり商品」として安く売られることもあります。

また、収穫されて出荷までの時間が短いのもメリットの一つで、一般スーパーよりも鮮度が良い野菜が手に入ります。

 

ただし、安全性や品質、これも生産者や店舗によって差があるのは事実です。

これは実際に足を運んで、自分の目で確かめてみないと分かりません。

いずれにしても、近くに「道の駅」がある人は旬の野菜をお得に買うことができますので、これを利用しない手はないですね。

関東近郊の人気「道の駅」はどこ!?人気10駅の魅力&人気の秘密を徹底解剖!

 

旬の野菜をお得に買う③ふるさと納税

ここ数年で人気が出てきたふるさと納税でも、旬の野菜を手に入れることができます。

ふるさと納税を利用すると、買った額に応じて、所得税・住民税から減税されますので、実質的にはかなりお買い得です。

ただし、控除額には所得に応じた「控除上限額」がありますので、公式サイトで確認してみてください。

「さとふる」ふるさと納税を地域から探す

 

まとめ

 

9月は残暑が続きますが、夏から秋への季節の変わり目です。

夏の疲れが出てくるときでもありますので、しっかりと秋の体へとシフトするために、秋野菜を摂ってゆきましょう。

 

旬の野菜には、その時季を健康に過ごすための体を調整してくれる働きがあります。

現在は、ビニールハウスや科学技術の発展により、1年中同じ野菜が食べれるようになりました。

自分の好きな物、あるいは栄養価の高いものだけをいつでも選んで食べれるようになったのです。

たしかに、食が不足している地域や国で暮らす人にとっては、「いつでも食べれる」というのはありがたいことですが、旬を外した野菜を摂り続けると、かえって体のバランスを崩してしまうことがあります。

旬の時期がその野菜の最も栄養価の高い時であり、それを食べることで、その時の私たちの体に最も適した健康効果が得られます。

 

旬の野菜について学ぶ

野菜について詳しく知るなら、こちらの本がおすすめです。

旬の時期だけでなく、特に多い栄養成分の紹介、簡単なレシピ、保存方法などが載ってて、これが1冊あれば野菜の情報が簡単に分かります。

野菜好きの人は読んでるだけで楽しいと思います。

 

また、野菜の知識を深めて仕事に生かしたいという人は、野菜ソムリエの資格を取ることもおすすめです。

野菜についての幅広い知識が得られて、仕事に生かせるだけでなく、毎日の食生活が豊かになると思います。

資格の内容や費用などについては「野菜ソムリエとは?【資格の取り方、費用、難易度について詳しく解説します】」で詳しく解説しています。