「電子レンジは危険!?」「栄養が破壊される!?」のは嘘か本当か、その真実に迫る

調理器具

 

電子レンジは危険なの?

栄養が破壊されるって聞いたけど、本当なのかな、、、?

こんな疑問に答えます。

この記事で分かること
  • 電子レンジの危険性
  • 「電子レンジで栄養が破壊される」の真実
アルトム
自然食品店の店長。Webライター。日本の食文化、食養について学んでいます。このブログでは、主に「食の安全」について情報を発信しています。

 

食の安全や健康問題について関心のある人だったら、電子レンジの危険性は1度は耳にしたことがあるはず。

これには賛否両論あって、ネット上にも様々な意見、情報が出回っています。

 

この記事では、電子レンジがなぜ危険といわれるのか、その有害性について詳しく解説します。

もちろん、電子レンジにも調理を時短するなどのメリットがありますので、完全に否定しているわけではありません。

しかし、食の安全を考えるなら、避けて通れないのが「電子レンジ危険説」です。

一人ひとりが電子レンジの危険性に対して答えを出してもらいたいと思います。

※はじめに「安全な食品を買う方法」が知りたい人は、「安心安全な食品を買うなら食材宅配がおすすめ!」に進んでください。

 

「電子レンジは危険!?」「栄養が破壊される!?」の真実は?

電子レンジの危険性

 

はじめに結論です。

「電子レンジは危険」というのは、嘘ではありません。

ただし、使ってすぐに体にダメージが出るとか、そういうものではありません。

 

しかし、電磁波は体にとっても、食べ物にとっても悪い影響があります。

詳しくはこの後で述べますが、「電子レンジを使うと、食材の栄養が損なわれてしまう」というのも事実です。

 

今や電子レンジは、一家に1台あるといっても過言ではないアイテムで、冷凍食品が多く売られている現代では、とっても便利な家電製品です。

テレビの料理番組でも、料理研究家の人は当たり前のように使っていますよね。

しかし、電子レンジを使うことはマイナス面があることも知っておきましょう。

 

それでは、電子レンジの危険性と栄養破壊について、解説してゆきます。

 

電子レンジの危険性

 

「電子レンジが危険」といわれる要因は、「電磁波」です。

 

電磁波とは

 

電子レンジだけでなく、すべての電化製品からは電磁波が出ています。

電磁波とは、空間の電場と磁場の変化によって形成された波動のこと。電気が流れるところに発生するエネルギーの波をいいます。

 

電磁波は暮らしに欠かせないエネルギーであり、その波長ごとに用途が変わります。

テレビやパソコン、携帯電話の電波として活用されたり、共振の力を利用してクッキングヒーターや電子レンジなどに使われています。

周波数によって、飛ぶ距離や運べる情報量が違います。

ちなみに、電子レンジやスマートフォンの電磁波は、マイクロ波という波長に分類されます。

 

電磁波の体への影響は?

 

電磁波は、私たちの生活を便利にするために活用されているのですが、その一方で「電磁波による健康被害」が問題として取り上げられています。

ただ、目に見えない電磁波の影響は、科学で解明されていないことも多く、現時点では、WHO(世界保健機構)も通常生活での電磁波と人の健康の因果関係を認めていません。

しかし、これまでの様々な研究により、「電磁波は人体に影響がある」ことが多数報告されています。

 

1987年、アメリカのサビッツ博士は、

「2mG(ミリガウス)以上の磁場で小児白血病が1.93倍、小児筋肉腫瘍が3.26倍になる」

との調査報告をしています。

 

また、1992年にスウェーデンのカロリンスカ研究所を中心とした大規模な疫学調査では、

「2mG以上の磁場で小児白血病が2.1倍、小児脳腫瘍が1.5倍」

との調査結果が発表されました。

電磁波の磁場を測るのに、mG(ミリガウス)という単位を使います。

 

このカロリンス研究所による調査は、高圧送電線から300メートル以内に住む50万人以上を対象に、25年間もの時間をかけて行われました。

子供については全種類のガン、成人については白血病と脳腫瘍を対象として、磁場の強さと発症率の関連を調査したもので、電磁波の影響の強さに応じて危険度が高くなることを報告し、世界に衝撃を与えました。

つまり、電磁波にさらされることにより、小児白血病やガンの発生率が増加する恐れがあるということです。

 

また、実際に「電磁波過敏症」の症状に苦しむ人が存在することも事実です。

電磁波過敏症とは、アメリカの医学者ウィリアム博士によって命名された電磁波が原因で起きる身体的不調の総称です。

具体的な症状は多岐にわたります。

電磁波過敏症の症状
  • 頭痛
  • 疲労
  • 精神的ストレス
  • 睡眠障害
  • 筋肉痛
  • めまい
  • 吐き気
  • 動悸   など

電磁波過敏症は正式な病気ではありませんが、その症状はWHO(世界保健機構)にも認識されています。

 

電子レンジの電磁波はどのくらい強いのか?

 

電磁波の強さは電磁波測定器で測定できます。

アルトム
私たちの身近にある電化製品からはどのくらい電磁波が出ているのか、少しまとめてみました。
エアコン 20mG
テレビ 20mG
アイロン 3mG
ヘアドライヤー 70mG
炊飯器 40mG
冷蔵庫 20mG
ホットカーペット※ 30mG
電気こたつ 100mG
掃除機 200mG
電子レンジ 200mG

 

この数字を見て分かるように、電子レンジは家庭内の電化製品の中でも、特に電磁波が強いです。

 

前述したアメリカ、またスウェーデンの研究では、「2mG以上の電磁波で人体に影響がある」とされています。

電子レンジの電磁波は200mG。

電子レンジの電磁波は非常に危険性があると言えます。

 

ちなみに、ホットカーペットは、製品自体から出ている電磁波はそこまで強くありませんが、体と密着して使うことを考えますと、「その影響は10倍以上になる」とも言われています。

 

電子レンジで栄養素が破壊される

 

アルトム
ちなみに私は電子レンジを使っていません。

私が電子レンジを使わないようにしているのは、電磁波による体への影響というより、電子レンジを使うことによって食品の栄養が損なわれてしまうからです。

もちろん、食品、特に野菜は、焼いたり、煮たり、蒸したり、することで栄養素は減ってしまいます。

どんな調理法でも加熱すると栄養素は損なわれてしまいます。

 

しかし、電子レンジで加熱するのは、他の調理法とは熱の伝わり方がまったく違います。

電磁波の影響で本来の分子構造が崩れ、見た目は変わらなくとも中身はまったく違う食べ物になってしまうのです。

 

電子レンジで温める仕組み

 

電子レンジはマイクロ波という電磁波を利用した製品で、1940年代に開発されました。

マイクロ波は、第二次世界大戦中にナチス・ドイツによるレーダー研究の一環で開発されたものです。

電子レンジは、そのマイクロ波によって食品が持つ水分子に激しい摩擦を起こし、細胞のエネルギーが摩擦熱に変換されて、温められる仕組みになっています。

 

マイクロ波という強い電磁波の影響で、食品の細胞、分子は1秒間に10億回以上揺さぶられて極性転換されます。

極性転換とは、プラスマイナスが反転すること。本来の分子構造が破壊されて、変質することになる。

焼いたり、煮たりする調理法より、はるかに早い時間で食品を加熱することができますが、その分、食品の栄養は瞬間的に破壊されてしまいます。

 

電子レンジは「酵素」を破壊する

 

アルトム
ここからは、健康の為に積極的に野菜を摂っている人には、ぜひ知ってもらいたい情報です。

 

野菜は、そこに含まれるビタミン、ミネラル、食物繊維、そして、ポリフェノールなどのファイトケミカルが体にとって良い作用をします。

しかし、電子レンジを使うと、そのほとんどが失われてしまうか、効果をなくします。

 

調理法の違いにより野菜のファイトケミカル(フラボノイド)は、
ゆでた場合は66%、
圧力釜では47%、
蒸した場合には11%しか失われませんが、
電子レンジで調理した場合、97%も失ってしまいます。

さらに、食品の分子構造に著しい変化を起こすため、含まれるビタミンB複合必須ミネラル必須脂肪酸などの栄養価値も60~90%低下してしまいます。
酵素が完全に破壊されてしまうため、たとえビタミンやミネラルが存在していても、体はこれらを栄養として利用することはできません。
発ガン性のフリーラジカル(活性酸素)も大量に形成されます。

出典:電子レンジの危険性

 

カイロ大学のラドワン教授は、

「マイクロ波を2秒当てるだけで、食品の酵素はすべて破壊される」

と述べています。

ビタミンは酵素がなければ、栄養として働けません。

こんなにも短時間で酵素が破壊されることは、非常に大きな問題なんです。

 

電子レンジはAGEを増やす

 

近年の研究により、電子レンジで調理すると細胞を老化させる物質AGEを多く発生させてしまう可能性があることが分かりました。

AGE(Advanced Glycation End Products)とは、終末糖化産物のこと。タンパク質と糖を加熱調理した時にできるメイラード反応を起こしたもの(焦げ目、揚げてきつね色になる)や動物性脂肪食品に多く含まれ、体内のコゲと呼ばれ、老化の原因物質のひとつであると考えられている。

 

一般に、「生」→「蒸す・ゆでる」→「煮る」→「炒める」→「焼く」→「揚げる」の順にAGEsは増えていくといわれています。

電子レンジはマイクロ波で食品の分子を振動させ高温状態にするため、焼き色がつかなくても焦げ目を付けたのと同様の状態になっているといいます。

 

アメリカ・ニューヨーク州にあるマウントサイナイ医科大学の研究者らが2010年に549食品のAGEsの含有量を調べています。

それによると、調理温度が高かった食品ほどAGEsの含有量が多くなりました

≫参考:US National Library of Medicine National Institutes of Health「Advanced glycation end products in foods and a practical guide to their reduction in the diet.

 

医学博士・大西睦子教授が、より分かりやすくAGE値についてまとめてくれています↓

主な食品における終末糖化産物(AGEs)の含有量
マウントサイナイ医科大学の研究者による549食品のAGEsの含有量のうち、主な食品に関する一覧表
素材(食材) 食品 AGE含有率(kU/100g)
脂肪 ホイップバター 2万6480
マーガリン 1万7520
マヨネーズ 9400
クリームチーズ 8720
コーン油 2400
オリーブオイル 1万1900
セサミオイル(ごま油) 2万1680
牛肉 707
煮る 2657
ロースト 6071
グリル4分 7416
電子レンジ6分 2687
フライパン炒め 1万58
チキン 1時間茹でる 1123
レモン加えて茹でる 957
ロースト後、バーベキュー 8802
チキン胸肉 茹でる 1210
パン粉をまぶして20分揚げる 9722
パン粉をまぶして25分オーブン 9961
フライパン炒め13分 4938
電子レンジ5分 1524
豚肉 ベーコン油なし炒め5分 9万1577
電子レンジ3分間、2スライス 9023
燻製ハム 2349
バルサミコ酢でマリネ後、バーベキュー 3334
7分炒める 4752
サーモン 528
燻製 572
オリーブオイルで炒める 3083
パン粉をまぶして10分焼く 1498
エビ 1003
パン粉で揚げる 4328
マリネ後、バーベキュー 2089
チーズ チェダー 5523
カッテージ 1453
モッツァレラ 1677
パルメザン 1万6900
スイス 4470
絹ごし豆腐 488
焼き豆腐 4107
オムレツ、バターで13分炒める 507
オムレツ、オリーブオイルで13分炒める 337
半熟卵 90
パン 白パンスライス 83
白パンスライストースト 107
フルーツ バナナ 9
リンゴ 13
野菜 セロリ 43
キュウリ 31
トマト 23

出典:調理の仕方で老化が進む!?(日経Goody)

 

ただでさえAGEが多い唐揚げや揚げ物などを電子レンジで温めなおすと、さらにAGEが増えることは想像できますので、要注意ですね。

 

数字には表れない電子レンジの影響

 

電子レンジで調理すると、単に栄養素が減るということだけではなく、本来の栄養の形が崩れてしまいます。

 

例えば、卵でも有精卵と無精卵があります。

この2つは、栄養成分に変わりはなくとも、卵自体の生命力が違います。

有精卵と無精卵の違い【有精卵をおすすめする理由】 

 

また、玄米と白米も、カロリーは変わりませんが、食べ物としての力が明らかに違うのです。

玄米と白米の違い~栄養成分を比較する~【玄米を主食にすべき3つの理由】

 

食べ物も「生きもの」なんです。

電子レンジで調理されたものは、死んでいるようなものです。

非科学的と言われるかもしれませんが、他の調理法で作られたものとは、明らかに違う食べ物になってしまうのです。

 

まとめ

 

電子レンジの危険性まとめ
  • 電子レンジは、他の家電製品と比べても電磁波が強い
  • これまでの研究で、電磁波は、小児白血病やガンなどの発症リスクを増加させる
  • 電磁波過敏症で苦しむ人がいる
  • 電子レンジで調理すると、食品の栄養が損なわれる
  • 電子レンジの加熱方法で、食品本来の分子構造も壊れてしまう

 

電子レンジに限らず、すべての電化製品からは電磁波が出ており、人体に影響があります。

そう考えますと、これからの時代は今まで以上に電磁波に気をつけなければなりません。

それは、5G通信に代表されるように、今後インターネット社会はさらに加速してゆくからです。

「IOT(Internet Of Things)」といって、たくさんのモノがインターネットで繋がる時代になりつつあります。

どの場所にいても、四六時中、電磁波の影響を受けるようなものです。

便利で豊かな暮らしが出来る反面、私たちはさらなる電磁波の影響を受けることになるかもしれません。

 

そして、忘れてはいけないことは、私たちの体は食べ物で出来ているということです。

良い食べ物が良い体をつくる。

悪い食べ物が体を不調にします。

電子レンジで食べ物はどうなりますか?

 

私自身、電子レンジを手放して、はじめは不便を感じたこともありましたが、慣れてしまえば、困ることは全くありません。

電子レンジありきの商品に頼ることもなく、そのおかげで、ちゃんと料理もしますし、何より電子レンジを使わない方が料理が美味しく感じます。

良い食材を最大限に生かす為には、電子レンジで調理することはオススメとは言えませんね。

 

安心安全な食品を買うなら食材宅配がおすすめ!

電子レンジなど調理器具に気をつけるのも大切ですが、食品の安全性も重要です。

無添加で安心安全な食品・食材を求めるなら、食材宅配がおすすめです。

最近の食材宅配会社は(すべてではありませんが)、特に安全性に優れています。

 

前述したように、コンビニや一般スーパーなどで販売されている食品の多くに、白砂糖や添加物が使われています。

その品質が安全かどうかを調べることは、正直とても難しいです。

自然食品店やオーガニックスーパーなら、無添加の食品が手に入りますが、、、

アルトム
そういうお店は、まだまだ少ないですよね。

 

でも、食材宅配を利用すれば、近くにそういうお店がなくても安全な食品が手に入ります。

しかも、パソコンやスマホで簡単に注文できて、自宅に届くので、仕事や家事で忙しい人にもおすすめです。

食材宅配のメリット
  • 安全で美味しい食品が手に入る
  • スマホで簡単に注文できる
  • 自宅に届く

 

デメリットを挙げるとすれば、少しお値段が高いこと。

実際に、食材宅配サービスは一般スーパーなどに比べると、商品の価格が高めです。

しかし、その安全性と品質、そして体への健康効果を考えると、むしろお得な内容ともいえます。

いわば、「健康投資」ですね。

 

とはいえ、食費にばかりお金をかけるのも現実的ではありません。

食材すべてを食材宅配サービスでまかなうのではなく、「野菜にはこだわる」「調味料は安全なもので揃える」など上手に使い分けるのがおすすめです。

 

会社によって「お試しセット」があったり、「初回は送料無料」などのサービスがあったりしますので、まずは試してみる価値ありです。

アルトム
数ある食材宅配サービスの中で、「食の安全」を考える人に特におすすめなのがこの3つです!
おすすめの食材宅配
  • 坂ノ途中【野菜が格別の美味しさ!】→野菜重視の人におすすめ!化学合成農薬・化学肥料不使用で、環境負荷の小さい農法で元気に育った野菜を定期便で届けてくれます。数ある食材宅配サービスの中、野菜の美味しさは格別です。
  • 大地を守る会【安全な食品が総合的に揃う!】→創業40年以上の食材宅配のパイオニア!食材の安全基準が非常に厳しく、有機野菜や添加物をなるべく使用しない加工品など、安全な食品が総合的に揃います。
  • オイシックス【ミールキットが大人気!】→食材宅配で人気・知名度はナンバーワン!有機野菜をはじめ品質の高い食材が手に入ります。中でも、20分で主菜と副菜が作れるミールキット「Kit Oisix」が大人気。

 

おすすめの食材宅配については「食材宅配で本当にオススメはこの3社!!【自然食品店長が選ぶ納得のサービス!】」で詳しく紹介していますので、よろしければ参考にしてください。

食材宅配で本当にオススメはこの3社!!【自然食品店長が選ぶ納得のサービス!】

 

食の安全について学ぶ

 

「食の安全」や「食材の選び方」についての知識をより深めたいという人は食育インストラクターという資格講座もあります。

食品添加物や農薬の問題をはじめ、食についての幅広い知識が得られて、毎日の健康づくり、毎日の食生活に生かすことができます。

資料請求は無料ですので、興味がある人はチェックしてみてください。

 

また、食品添加物について詳しく知るなら、こちらの2冊もおすすめです。

食品添加物の元トップセールスマンが明かす「食品の裏側」には、食品添加物についての基礎的な知識がたくさん詰まっています。

 

また、有吉佐和子氏の「複合汚染」は、食品添加物だけではなく、農薬や化学肥料、環境汚染に繋がる問題をドキュメンタリーに書き記しています。今から50年以上も前に書かれた内容は、現代でも十分通用します。問題の本質は何ひとつ変わっていません。