【節分】恵方巻きは伝統的な風習ではない!? その意味と由来とは?

食文化
スポンサードリンク

日本人が大切にしている伝統文化・風習の中に「節分」があります。

節分の日は、豆まきをしたり、柊いわしを飾ったりと、今でも強く風習が残っていますね。

【子どもと共にもう1度学ぶ】節分の日はいわしを食べる!飾る!その意味と由来とは?

2019年12月24日

しかし、近年は、恵方巻きを食べる風習が急速に広まっています。

アルトム
この恵方巻き、実はコンビニが発祥ってご存知でしたか?

今回は恵方巻きの意味と由来について解説します。

節分の恵方巻きは伝統的な風習ではない?

恵方巻きとは

恵方巻きとは、節分の日に食べる太巻き寿司のことです。

節分の日は2月3日

節分については、以下の記事で詳しく書きましたので参考にしてください↓

【子どもと共にもう1度学ぶ】節分の日はいわしを食べる!飾る!その意味と由来とは?

2019年12月24日

太巻き寿司には「福を巻き込む」という願いが込められています。

縁が切れたり、福が途切れたりしないように、包丁で切ってはいけなく、その年の恵方を向いて食べます。その時、黙って願い事をしながら1本食べると、厄除けになったり、願い事がかなうとされています。

そもそも恵方とは?

check!

恵方とは、歳徳神(としとくじん)のいる方角。歳徳神は、その年の福をつかさどる神様。

恵方とは、簡単に言うと、その年の良い方角のことです。

もともとは、お正月にお迎えする年神様(としがみさま)が来臨する方角とされてきましたが、現在は陰陽道の福の神:歳徳神がいる方角を恵方と呼ぶようになりました。

歳徳神は美しい女性神で、その方角に向かって事を行えば、「すべて吉」となり、「たたり神などが巡ってこない」と言われています。

恵方は十干によって決まる

新しい年が近づくと、「来年の干支(えと)は何かな?」と考えますが、多くの人が十二支(じゅうにし)だけを思い浮かべてしまいます。

十二支というのは、お馴染みの子・丑・寅・卯・辰・巳・午・未・申・酉・戌・亥のこと。

これは「支」の部分で、本来は「干」の年と2つ合わせて「干支」と呼びます。

この「干」は十干(じっかん)のこと。つまり、干支とは十干十二支のことをいいます

そして、歳徳神のいる方角は、十干(じっかん)によって決められます

十干とは、中国から伝わってきた思想で、陰陽説五行説と深く結びついています。

詳細は省きますが、五行の「木・火・土・金・水」を、陰陽の「兄(え)・弟(と)」に対応させて出来たものが十干と言われています。

十干

甲(こう)「きのえ」

乙(おつ)「きのと」

丙(へい)「ひのえ」

丁(てい)「ひのと」

戊(ぼ)「つちのえ」

己(き)「つちのと」

庚(こう)「かのえ」

辛(しん)「かのと」

壬(じん)「みずのえ」

癸(き)「みずのと」

※(訓読み)「音読み」

繰り返しますが、歳徳神のいる方角、つまり恵方は、この十干によって決まります。

十干 西暦 方角
甲の年 東北東やや右
己の年
庚の年 西南西やや右
乙の年
辛の年 南南東やや右
癸の年
丙の年 北北西やや右
戊の年
壬の年 南南東やや右
丁の年

十干は10年で一回りします。西暦の下1桁の数字を表に入れてありますので、それに合わせてみると分かりやすいです。

ちなみに、2020年(令和2年)は庚の年ですので、西南西やや右が恵方となります。

 

現在は十二支(じゅうにし)の方が馴染みがありますが、実はこの十干、私達の生活に意外と溶け込んでいます。

契約書などで「甲」「乙」など略称で使われたり、順番が決められないほど難しい状態を「甲乙つけがたい」とも言いますよね。

アルトム
甲・乙・丙・丁までは知ってましたけど、、、

また、歴史上の大きな出来事には十干と十二支、つまり干支(えと)が使われています。

  • 戊辰戦争(慶応4年・1868年)
  • 壬申の乱(天智天皇11年・672年)

 

ちなみに、「還暦」とは生まれた年の干支に還ることをいいます。

現在は西暦ばかりが使われて分かりずらいですが、昔は干支が生活に馴染んで使われてきたことが伺えます。

節分・恵方巻きの発祥はコンビニ!?

お祭りや行事の際に、お寿司を食べるという風習は昔からありますが、太巻きを食べるという風習は正確な資料が残っていなく、一説によると、大阪の遊女の間で「恵方の方角を向きながら太巻きを食べると幸せになる」ということが流行していたといいます。

その後、昭和になって、大阪にある寿司商組合と海苔問屋組合が売り出した「幸運巻き寿司」という太巻きが、現在の節分・恵方巻きのルーツと言われています。

アルトム
歴史としてはそんなに古くないんですね。

もともと関東には太巻きを食べる風習がありませんでしたが、大阪で生まれてから、少しずつ広がっていき、1989年、コンビニ大手のセブンイレブンが初めて「恵方巻き」という名称で商品を販売し始めました。全国に店舗を持つコンビニによる販売、プロモーション力により、2000年以降、一気に全国に広がり、現在に至ります。

節分に恵方巻きを食べることは、伝統的というより、どちらかというと商業性の強いものですが、恵方を知ること自体は昔から馴染みがあり、良いことです。

新しく出来た風習と思えばいいですね。

まとめ

節分・恵方巻きの意味と由来について解説してきました。

ここがポイント!
  • 恵方巻きとは、太巻き寿司のこと!
  • 恵方を向いて黙って1本食べると厄除けになり、願い事が叶う!
  • 恵方は十干(じっかん)によって決まる!
  • 恵方巻き、実はコンビニ発祥の商業目的だった!

恵方巻きはご家庭でも簡単に作れます。

アルトム
七福神にちなんで7種類の食材を入れると良いとされています!

節分の日は家族で楽しんで恵方巻きを作るのもいいですね。

安心・安全な食材を買うなら食材宅配がおすすめ!

食の安全を考えるなら、食材宅配がおすすめです。

最近の食材宅配会社は(すべてではありませんが)、「安心安全で美味しい」を基準に食材を提供しています。また、生産者の顔が分かるように情報も公開しています

コンビニや一般スーパーなどで販売されている食材は、その品質が安全かどうかを調べることは正直とても難しいです。

食材宅配なら、そんな心配もなく、届いた食品を安心して食べることができます。

食材宅配で本当にオススメはこの3社!!【自然食品店長が選ぶ納得のサービス!】

2020年1月24日

 

アルトム
このサイトでは、「食の安全」と「食の問題」についての情報をお伝えしてゆきます!
このサイトのポイント!
  • 食べものが持つ健康効果について
  • 食の問題について
  • おすすめの食材宅配について

是非、毎日の食生活をより良くするために参考にしてください!

それでは。