なぜ?節分の日にいわしを飾る意味と由来【いわしを食べると良い理由】

食文化

 

2月といえば節分です。

「昔は玄関にいわしが飾られているのをよく見たけど、どういう意味なんだろう?」

こんな疑問に答えます。

この記事で分かること
  • 節分にいわしを飾る理由
  • いわしに含まれる栄養と効能
アルトム
自然食品店の店長。Webライター。日本の食文化、食養を学んでいます。このブログでは主に「食の安全」について情報を発信しています。

 

節分と言えば、豆まきが一般的ですが、いわしを玄関に飾るという風習もあります。

今ではあまり見かけませんが、昔はよく玄関に飾っている家がありました。

いわしに含まれる栄養を知ると、この時期に食べることが非常に理にかなっていることに気づきます。

 

なぜ、いわしを飾るのか、食べるのか。

それを知ると、より日本の文化・風習に興味が湧くはずです。

また、記事の後半ではいわしの優れた効能について詳しく解説します。

 

節分の日にいわしを飾る意味と由来

 

節分の日にいわしを飾るのは、鬼払い・魔除けの意味が込められています。

実際には、焼いたいわしの頭を柊(ひいらぎ)の枝に刺して、玄関に飾り、これを「柊いわし」と呼びます。

 

昔は、鬼が独特の臭みがあるいわしが苦手であると信じられてきました。

また、柊の尖った葉っぱが目を刺すのを嫌うといい、この2つを組み合わせて、鬼を寄せつけないようにしたといわれています。

ちなみに、この「柊いわし」は、主に西日本に根付く風習であり、そのため、関東や東北ではあまり知られていませんでした。

 

「柊いわし」を飾る期間は、

  • 節分当日
  • 節分当日~2月末まで
  • 節分当日~1年間

と、地域によって差があるといわれています。

外した「柊いわし」は神社へ持っていくか、塩で清めて処分します。

 

「節分」とは

節分は、季節の分かれ目のことをいいます。

もともとは年に4回あり、「立春」(2月4日頃)、「立夏」(5月6日頃)、「立秋」(8月7日頃)、「立冬」(11月7日頃)の前日を節分の日としていました。

特に「立春」は旧暦における元旦であり、その前日となる節分の日が大晦日にあたることから馴染みが深く、現在にその形を残しています。

この節分の日に、邪気を払い、良い年を迎えるための準備をするのが昔からの風習でした。

 

節分にいわしを食べると良い理由

 

玄関に飾る「柊いわし」の他に、いわしを食べる「節分いわし」という風習もあります。

「節分いわし」は、節分の日に焼いたいわしを食べることですが、その理由も鬼払い、魔除けといわれています。

 

いわしの漢字は「鰯」で、魚へんに弱いと書きます。

その語源は「弱し(よわし)」「卑し(いやし)」で、陸にあげるとすぐ死んでしまうから「弱し」であり、昔は身分の低い人が食べる魚だったから「卑し」といわれています。

 

いわしには独特の臭みがあり、焼くと一層においが強くなります。

焼くと煙がもくもくと立ち、この臭みと煙が鬼払い・魔除けになると考えられました。

 

そんないわしには、冬の寒い時期を元気に過ごすための栄養が含まれています。

「節分いわし」を食べることは、とても理にかなっているのです。

 

いわしの栄養

 

以下はマイワシの身(生)100gあたりに含まれる栄養成分です。

(※頭部、内臓、骨などを除いた身の部分に含まれる栄養成分量です)

エネルギー 169kcal
タンパク質 19.2g
脂質 9.2g
炭水化物 0.2g
食物繊維 0g
レチノール 8μg
ビタミンD 32μg
ビタミンE 2.5mg
ビタミンB2 0.39㎎
カリウム 270mg
カルシウム 74mg
マグネシウム 30mg

(七訂日本食品標準成分表を参照)

 

いわしはヘルシーですが、栄養価の高い魚です。

特にカルシウムと、その吸収を助けるビタミンDを多く含み、骨や歯を強化させる効果が期待できます。

そして、なんといってもEPA、DHAといった不飽和脂肪酸(オメガ3)を豊富に含んでいることで、毎日を健康に過ごすための効果が期待できます。

 

いわしには「マイワシ」「ウルメイワシ」「カタクチイワシ」の主に3種類あり、いわしの漁獲量の大半を占めているのがマイワシです。マイワシは背が青緑、腹部が銀白、体に7つの青黒い斑点があるのが特徴です。ウルメイワシは脂肪が多く、うるんだような目をしていることからその名が付けられました。カタクチイワシは最も小さくて、上あごが突き出してるように見えるのが特徴です。

 

いわしの効能

 

いわしに豊富に含まれるEPA、DHAといった不飽和脂肪酸(オメガ3)は現代人に不足している脂肪酸として、近年注目されています。

油の種類、おすすめは何?「オメガ3系」の油が注目されている理由

 

EPA、DHAは、血管を拡張させて、血流を良くする働きがあります。

さらに、EPAには体内のコレステロールを調節して、中性脂肪を少なくし、DHAには脳を活性化をする働きがあります。

 

節分の日は、「二十四節気」の「大寒」の最終日です。

「大寒」は1年の最も寒い時期であり、毎年1月20日~2月3日頃になります。

「二十四節気」とは、1年を4つの季節(春夏秋冬)に分けて、さらに6つに分割した暦のことです。

 

「冷えは万病のもと」ともいいますが、1年で最も寒い時期、体は血管が収縮して、脳梗塞や心筋梗塞など循環器系の疾患を引き起こしやすいです。

いわしに含まれるEPA、DHAといった不飽和脂肪酸が、寒さでよどんだ血液をサラサラにしてくれて、病気の予防に役立ちます。

つまり、この時期にいわしを食べること自体が、とても理にかなったことなのです。

 

※無添加で安心安全な食材を買うなら

食材宅配「大地を守る会」は、無農薬・無化学肥料の野菜をはじめ、お米やお肉、海産品、調味料にいたるまで、すべての安全性にこだわり、食品添加物・化学調味料不使用の食品を幅広く取り扱っています。創業から40年以上の歴史を持ち、「食材宅配のパイオニア」的な存在として、親子2代、3代で利用しているご家庭も多いです。数ある食材宅配サービスの中、安全性は非常に高いです。食の安全を考える人は、1度試してみるとよいと思います。

「大地を守る会」食材宅配についてはこちら 

大地を守る会「お試しセット」の内容と感想!【安全な食材が揃います】

まとめ

 

今は、節分といえば「豆まき」「恵方巻」の方が知られていますが、地域によっては「柊いわし」のように、一年間の無病息災を願う風習が残っています。

日本の伝統文化、風習に込められた意味を知ると、その考えに頭が下がります。

そこに込められた意味や由来を知ると、その風習を次の世代に残してゆきたいと思いますね。

また、いわしはとても健康効果が高いので、節分の時に限らず、日頃から食べていきたい魚です。

 

「恵方巻」についてはこちらの記事で解説しています↓

【節分】恵方巻きは伝統的な風習ではない!? その意味と由来とは?

 

3月「ひな祭り」についてはこちら↓

【子どもと共にもう1度学ぶ】「ひな祭り」の食べ物の意味。大切な行事、添加物に気を付けたい!