「食の安全」について考え始めた人が取り組む食事改善ロードマップ

農薬・添加物

 

この記事で伝えたいこと
  • 食べものが身体をつくっている
  • しかし、世の中に出回っている食には多くの問題がある
  • 本当に良いものを選び食べることが、より良い人生をつくる
  • 伝統食文化には価値がある

アルトム
自然食品店の店長。Webライター。日本の食文化、食養を学んでいます。このブログでは主に「食の安全」について情報を発信しています。

 

この記事で解説する『食事改善ロードマップ』は、私自身が学び、実践し、体質を改善してきた道筋です。

過去の自分と同じように、体調が優れない、どこか不調を感じている、という人にとって、少しはお役に立てるのではないかと思います。(食事改善は体質改善のためのものです。病気の治療目的ではありませんので、あらかじめご了承ください)

もちろん、それぞれ体質が違いますから、人によって「良い食事」の内容は違ってくると思います。

しかし、体にとって「悪い食事」は共通です。

 

「食の安全」に関するすべてをこのブログで書くのはとても難しく時間がかかります。

ですので、ここでは基礎的な部分をまず紹介しています。

食の問題に関して、すでに一定の知識をお持ちの人にとっては参考にならないかもしれません。

反対に、まだ食に対してあまり知識がないという人は、この記事を読んでいただければ、食の大切さを感じることができ、そして毎日の食生活が今より良くなるはずです。

 

私自身、体調を崩したことと、自然食の仕事に出会ったことがきっかけで、食について真剣に学ぶようになりました。≫プロフィール

そして、学んだことを一つ一つ実践して、体質を改善してきました。

 

繰り返しますが、正解は一つではありません。

ここで紹介することは、人によっては合わないかもしれません。

ですが、お伝えしたいことは「身体は食べたもので出来ている」ということ。

食養の祖と呼ばれる江戸時代の石塚左玄は「食は本なり体は末なり心はまたその末なり」という言葉を残しています。

つまり、食を変えれば身体は変わり、そして心も変わるのです。

アルトム
この記事が誰かのお役にたてれば幸いです。

 

食の問題を知る

 

当然ですが、「体に良いもの」を摂ることと同じくらい、「体に悪いもの」を摂らないことが大切です。

私たちが暮らすこの社会には、便利であるということと引き換えに、身体にとって有害となるものが非常に多くあります。

「そんなことを言ったら、食べるものがないじゃないか」

きっと、そう思う人もいると思います。

なぜなら、私自身がそうでしたから。

 

でも、そうなんです。

身体にとって悪いものが、とても多くあるのです。

まずは、その現実を知ることが第一歩です。

その上で、自分で選択し、行動してゆく必要があります。

 

身体は食べたもので出来ている

もし、身体が不調なら、食べ物を見直さなければなりません。

生活習慣もそうですが、まずは食べ物です。

ここでは、食を通して直接体に入ってくる可能性がある有害なものを紹介します。

 

①農薬の問題を知る

農薬の危険性は嘘?本当?【なぜ、無農薬が危険だと言われるのか?】

日本は農薬大国!? 農薬使用量は世界一!?【消費者が変われば、生産者、そして国も変わります】

 

②食品添加物の問題を知る

食品添加物とは?メリット・デメリットを解説【日本は食品添加物大国だった!?】

食品添加物危険性ランキング10!【本当に恐いのは複合摂取です】

 

③化学調味料の問題を知る

化学調味料とは?結局、安全なのか、危険なのか?その真実に迫る!

 

 

この他にも、化学肥料遺伝子組換え作物有害重金属環境ホルモンなど、食に関する問題は多々ありますが、まずはこの点を知っておくだけでも「食の安全」について考えるきっかけになると思います。

 

さらに詳しく知りたい人は、こちらの2冊がおすすめです↓

 

 

食の内容を考える

 

食に関する様々な問題を知った上で、次は「どんな食が良いのか」を考えてゆきます。

世の中には、たくさんの健康情報、健康法がありますよね。

恐らく、そのすべてが実際に健康に良いものであると思います。

だからこそ、世に広まっているのだとも思います。

 

その中で、私が出会ったのは「食養学」であり、「日本の食文化」です。

日本人が長年積み上げてきた、日本の風土に合った、日本人のための食の学びです。

私の場合は、その実践によって体質を改善することが出来ました。

 

④主食はお米がいい

【子育て世代必見】主食はご飯?それともパン?結局どっちが体にいいのか!?栄養を比較し、健康を考えた上で結論!

玄米と白米の違い~栄養成分を比較する~【玄米を主食にすべき3つの理由】

 

⑤ご飯のお供はお味噌汁

味噌汁こそ健康食!その栄養と効能効果【日本人が忘れてはいけないもの】

 

⑥野菜の選び方

野菜の選び方で大切な4つのポイント【安全な野菜はどこで買えるのか】

 

⑦調味料にこだわる

白砂糖が体に悪い理由【黒糖との違い、知っておきたい七つの弊害】 

【減塩は間違い!?】天然塩と精製塩の違い

やっぱり凄い!お酢の健康効果【安全で美味しいお酢の選び方3つのポイント】

健康のための醤油の選び方【安全で美味しい醤油を見極める5つのポイント】

油の選び方~健康を考える上で大切なこと~【カネミ油症事件を忘れてはいけない】

 

⑧伝統食品の価値を知る

毎日食べる価値あり!豆腐の栄養と効能効果【添加物は危険!?安全な豆腐の選び方】

毎日の健康食!納豆の栄養と効能効果【安全な納豆を選ぶ3つのポイント】

【一日一粒で医者いらず】梅干しの栄養と効果効能!現代人こそ食べるべき理由

ぬか漬けで健康美人!?その栄養と効能効果【体にいいぬか漬けを作るポイント】

 

⑨卵は有精卵を選ぶべき

有精卵と無精卵の違い【有精卵をおすすめする理由】 

 

⑩牛乳は体に良くない

牛乳は健康に良いのか、悪いのか?【牛乳のデメリットと問題点を知る】

 

⑪電子レンジは使わない

「電子レンジは危険!?」「栄養が破壊される!?」のは嘘か本当か、その真実に迫る

 

「食養」についてもっと詳しく知りたい人は、こちらの2冊が勉強になります↓

 

 

食文化を学ぶ

 

食の問題を知り、食の内容を見直した上で、今一度考えなければならないことがあります。

それは、私たちが日本人であるということです。

 

身体にいい食べ物は世界中にあります。

しかし、日本人にとって1番体に合っているのは「和食」です。

「和食」は、日本人の健康を守ってきた食事です。

そして、日本の伝統文化は長い年月かけて紡がれてきた先人の知恵です。

 

⑫和食の合言葉「まごわやさしい」

「まごわやさしい」の意味とは?【合言葉に込められた食材の力】

 

⑬行事食に込められた意味を知る

おせち料理の意味

「おせち料理」の意味と由来を子供にも分かりやすく解説【添加物は?】

七草粥はいつ食べる?その意味と由来【春の七草の健康効果】

なぜ?節分の日にいわしを飾る意味と由来【いわしを食べると良い理由】

【子どもと共にもう1度学ぶ】「ひな祭り」の食べ物の意味。大切な行事、添加物に気を付けたい!

【子どもと共にもう1度学ぶ】「端午の節句」「こどもの日」の食べ物、伝統行事の食の意味!

七夕の日は何を食べる?その「食べもの」に込められた意味とは?【子どもと共にもう1度学ぶ日本の文化】

9月9日「重陽の節句」とは?【食べものに込められた意味を知る】

 

良い食材を選ぶ

 

最後に、良い食材をどのようにして手に入れるのか、をお伝えします。

結論を先にいいますと、「食在宅配」を利用するのがおすすめです。

 

自然食品店やオーガニックスーパーが近くにある、という人はいいですが、すべての人がそういう環境にいるわけではありません。

また、一般スーパーでは、その食材が安全で、本当に良いものかどうかを見極めるのが困難です。

「食材宅配」を利用すれば、安心安全な食品が自宅に届きます。

どこに住んでいても、品質の良い食材が届きます。

もちろん、すべての食材宅配サービスが良いとは言い切れません。

ここでは、実際に私が利用してみて、本当におすすめできる食材宅配だけを紹介します。

 

⑭食材宅配を利用する

【食材宅配という選択】私が「坂ノ途中」をおすすめする理由

食材宅配で本当にオススメはこの3社!!【自然食品店長が選ぶ納得のサービス!】

 

最後に

 

繰り返しますが、この記事で解説した「食事改善ロードマップ」は私自身が食事改善してきた道筋です。

人によって体質が違いますので、私と同じように健康的な体質へ改善できるかは分かりません。

正解は一つではないです。

あくまでも参考にしていただいて、自分に合った「ロードマップ」を作ってもらいたいと思います。

 

まずは知ること。

そして自分自身で軸を持って、選ぶこと。

取り組むことです。

 

この記事が、読んでくれたあなたの食を見直すきっかけになれば、これ以上嬉しいことはありません。

ぜひ、食を変えて、カラダが変わっていくのを実感してみてください。