たくあんの栄養と5つの効能効果!【健康にいい安全なたくあんの見分け方】

食文化

 

「たくあんにはどんな栄養が含まれているんだろう?」

「たくあんにも添加物って使われているのかな?」

こんな疑問に答えます。

この記事で分かること
  • たくあんに含まれる栄養成分
  • たくあんに期待される効能効果
  • 体に良いたくあんを選ぶポイント

アルトム
自然食品店の店長。Webライター。日本の食文化、食養を学んでいます。このブログでは主に「食の安全」について情報を発信しています。

 

日本の伝統食の一つ、「たくあん」。

コリコリとした食感が美味しくて、好きな人も多いですよね。

身近な食品であるたくあんが、実はすごい健康食品だと知ったら、その存在を見直す人も多いはず。

 

この記事では、たくあんに含まれる栄養とその健康効果について詳しく解説します。

また、記事の後半では、安全で美味しいたくあんを選ぶポイントも紹介します。

たくあんは体に良い食品なのですが、市販されているものの多くは食品添加物がたくさん使われています。

すぐに「おすすめのたくあん」が知りたいという人は、「安全で美味しいたくあんの見分け方」に進んでください。

 

たくあんの栄養

たくあんの栄養

 

以下はたくあん(可食部)100gあたりの栄養成分です。

エネルギー 43kcal
タンパク質 0.6g
脂質 0.3g
炭水化物 10.8g
食物繊維 2.3g
カロテン 1μg
ビタミンB1 0.01g
ビタミンⅭ 40mg
カリウム 56mg
カルシウム 16mg
マグネシウム 5mg

(八訂日本食品標準成分表を参照)

 

たくあんは、大根からつくられる漬物で、日本発祥の食べ物です。

収穫した大根を天日干しして水分を抜き、糠と塩に1か月以上漬け込んで熟成発酵させて作られます。(地域で作り方が異なり、米糠、塩、砂糖の他に板昆布や唐辛子を入れて作る地域もあります)

たくあん独特の黄色は、大根を熟成させる過程で大根の辛み成分が分解されて生まれるもので、気温が高いほど分解が進み、より黄色い色の物が出来ます。

現在では短時間で作れるようにと大量の塩で水分を抜く方法が主流で、甘味料や着色料を使用して作られるものもあります。

 

そんなたくあんには、食物繊維、ビタミンB1、B6、C、ナトリウム、マグネシウム、鉄分などが豊富に含まれています。

そして、発酵、熟成をさせて作る食べ物なので乳酸菌が豊富なのも特徴です。

「たくあん」という名前の由来は、江戸時代に沢庵宗彭(たくあんそうほう)という僧侶が考案したという説があり、徳川家光が気に入り「たくあん漬け」と呼ぶようになったといわれています。

 

たくあんによる5つの効能効果!

たくあんの効能効果

 

たくあんに含まれる豊富な栄養によって、さまざまな効能効果が期待されますが、その中でも主な5つの効能を紹介します。

  1. 塩分の補給
  2. 疲労回復
  3. 骨や歯を丈夫にする
  4. 整腸作用、便秘の解消
  5. 老化防止、美肌作用

 

たくあんの効能効果①塩分の補給

 

たくあんには塩分がしっかりと含まれているので、塩分補給におすすめの食品です。

昔から農作業や、運動をしてたくさん汗をかく、よく体を動かす人々に好まれてきました。

 

運動をすると汗をかきますが、汗に含まれる塩分は約0.3%といわれています。

汗を500mlかくと約1.5gの塩分が失われることになります。

また、寝ている間にも平均で一晩400mlほどの汗をかくといわれていますので、運動をしなくても塩分は毎日失われています。

 

中には、たくあんの塩分量を気にして食べない人もいますが、一度に3切れ食べたとしても約27gで塩分量は0.8gです。

厚生労働省は、1日の塩分摂取量の基準を男性7.5g未満、女性6.5g未満としていますので、たくあんも食べ過ぎなければ、塩分の摂り過ぎにはなりません。

もちろん、高血圧の人や、塩分の多い食べものばかりという人はまた状況が違ってくると思いますが、1日に2~3切れであれば、毎日食べても問題ありません。

 

また、本来、塩は生きていく上で必要不可欠なものです。

現代は、塩不足で体調を崩す人も多くいます。

良い塩を使って作られたたくあんは、良質な塩分補給食となります。

 

ただし、塩にも体に良いものとそうでないものがあります。

塩については、「【減塩は間違い!?】天然塩と精製塩の違い」の記事で詳しく解説していますので、参考にしてください↓

【減塩は間違い!?】天然塩と精製塩の違い

 

たくあんの効能効果②疲労回復

 

たくあんに含まれるビタミンB1は、主に糖質の代謝に必須な栄養素です。

お米やパンなどの炭水化物には糖質が多く含まれていますが、ビタミンB1が不足していると、その糖質をうまくエネルギーに変えることができません。

その結果、疲れやすい体になり、体調を崩す要因にもなってしまいます。

たくあんを食べることは、疲労が回復され、疲れにくい体をつくることにもなります。

 

たくあんの効能効果③骨や歯を丈夫にする

 

たくあんには骨や歯を形成するのに必要なマグネシウムも多く含まれています。

骨や歯をつくる材料といえばカルシウムが真っ先に思い浮かびますが、マグネシウムは「骨や歯の弾力性や柔軟性を高める」いう大きな役割をもっています。

また、他にも血圧の調整などにも関わっている大切な栄養素です。

たくあんを食べることで、体内で合成できないマグネシウムを効率よく摂取することができます。

 

たくあんの効能効果④整腸作用、便秘の解消

 

日本にはいくつもの漬物がありますが、その中でも「たくあんは長く発酵させても美味しい」ことで知られています。

長く発酵させることによって乳酸菌が増えて、酸味が少し強くなります。

乳酸菌は善玉菌の一種で、悪玉菌の増殖を防ぎ、腸内の環境を整えます。

 

たくあんに含まれる植物性乳酸菌は、ヨーグルトなどの動物性乳酸菌に比べて、胃酸や胆汁酸に強く、腸まで届きやすいことが分かっています。

欧米人に比べて腸が長い日本人の体質には、特にたくあんなどの植物性乳酸菌がおすすめであるといえます。

 

また、たくあんには食物繊維も多く含まれています。

食物繊維も腸内環境を良くして、便秘を予防、解消します。

 

たくあんの効能効果⑤老化防止、美肌作用

 

たくあんに含まれるビタミンCには抗酸化作用があり、体内で増えすぎてしまった活性酸素を除去します。

活性酸素は正常な細胞を傷つけ、それが老化を早めてしまうしまう原因なので、ビタミンCは老化防止の効果があるといえます。

 

また、ビタミンCは美肌作りに欠かせないコラーゲンの生成を助ける働きや、肌荒れやシミ・ソバカスなどを防ぐ効果もあります。

たくあんはビタミンCを多く含んでいますので、美肌づくりにもおすすめの食品です。

 

安全で美味しいたくあんの見分け方

 

では、健康を考えて、「安全で美味しいたくあんを選びたい」という人のためにポイントを3つ紹介します。

安全なたくあんを選ぶポイント
  • 無添加のものを選ぶ
  • 塩にこだわる
  • 自分でつくる

 

たくあんを選ぶポイント①無添加のものを選ぶ

ここまで健康にいい食品としてたくあんを紹介してきましたが、実は市販されているたくあんのほとんどは添加物だらけです。

化学調味料、酸味料、酸化防止剤、合成甘味料、合成着色料、、、

本来の原料以上に食品添加物が多く使われています。

現代の食事情を考えますと、食品添加物は確かに必要とされていますが、それにしても多いです。

 

食品添加物はその一つ一つの安全性は厚生労働省に認められていますが、複合的に摂取したときに、その体への影響は調べることができません。

食品添加物とは?メリット・デメリットを解説【日本は食品添加物大国だった!?】

 

せっかく毎日の健康のためにたくあんを食べるのであれば、無添加で良いものを選ぶべきです。

 

おすすめの無添加たくあん「マルシマ さつまたくあん」↓

 

たくあんを選ぶポイント②塩にこだわる

たくあんに使われるも重要なポイントです。

前述したように、たくあんは良質な塩分補給食です。

繰り返しますが、塩は生きていく上で必要不可欠なものです。

また、塩によって食品の良し悪しも変わってきます。

より良いものを求めるなら、塩にもこだわって選びましょう。

 

塩にもこだわった「海の精 天日干したくあん」↓

 

たくあんを選ぶポイント③自分でつくる

安全で美味しいたくあんを求めるなら、自分で作るのも選択肢に入れていいと思います。

意外に思う人もいるかもしれませんが、たくあん漬けは実はそこまで難しくありません。(上手にできるかどうかは、また違いますが、、、)

昔はどこの家でも軒先に大根が干されて、家庭でたくあんが作られていました。

たくあんは、先人の知恵が詰まった日本発祥の保存食です。

興味がある人は、ぜひ一度挑戦してみてください。

たくあんの漬け方レシピ | 大根の選び方・干し方・時期(マロンレシピ)

 

まとめ

 

日本の伝統食品であるたくあんは、やはり伝統として残るだけの価値ある内容です。

「何か、あと1品」という時に、たくあんの効能を思い出して食卓に並べてみてください。

食の安全を考える人は、たくあんは添加物が使われるのが当たり前のような漬物ですので、無添加のものを選ぶか、自分で作ってみるというのもおすすめです。

 

安心・安全な食材を買うなら食材宅配がおすすめ!

「体は食べたもので出来ている」

体のことを考えたら、毎日の食事には、安全な良い食材を使いたいですよね。

 

私は、食材宅配を利用することをおすすめしています。

最近の食材宅配サービスは(すべてではありませんが)、特に安全性に優れています。

コンビニや一般スーパーなどで販売されている食品は、その品質が安全かどうかを調べることは、正直とても難しいですよね。

近くに自然食品店があればいいですが、、、

そういうお店は、まだまだ少ないのが現状です。

 

食材宅配には無農薬野菜や無添加食品など「安全」を基準にしているサービスも多いので、体のことを考える人には特におすすめです。

また、そういった安全な食品を「買う」ことは、安全な食品をつくる生産者を応援することになり、環境を良くすることにも繋がります。

 

仕事や家事で忙しい人も、パソコンやスマホで簡単に注文できて自宅に届くので、おすすめです。

そして、普段あまり料理をしない人も、食材が届くことによって自然と料理をするようになります。

たとえ上手にできなくても、手料理をすることは体にいいだけでなく、節約にもなりますし、何より食の大事さを感じることができます。

食材宅配をおすすめする理由
  • 安全で美味しい食品が手に入る
  • スマホで注文できて、自宅に届く
  • 料理をするようになる→食の大事さを感じれる

 

数ある食材宅配の中でどこを選べばいいのか分からないという人は、「食材宅配で本当にオススメはこの3社!!【自然食品店長が選ぶ納得のサービス!】」の記事を参考にしてください↓

食材宅配で本当にオススメはこの3社!!【自然食品店長が選ぶ納得のサービス!】