「野菜生活」は効果ある!?【野菜ジュースの欠点と野菜不足を補う2つの方法】

飲料

 

健康のために「野菜生活」を毎日飲んでいますが、本当に効果はありますか?

アルトム
先日、こんな質問をいただきました!

 

「野菜生活」というのは「カゴメ野菜生活100」という野菜ジュースのことで、コンビニやスーパーなどで販売されている人気商品です。

一般に、野菜ジュースは野菜不足を解消するための一つの手段とされています。

 

この記事では、

  • 「カゴメ野菜生活100」を飲んでみた感想
  • 野菜ジュースの欠点について
  • 野菜不足を補う方法について

を詳しく解説します。

 

この記事を書いている私は、自然食品店の店長で、現在はWebライターとしても活動。主に「食の安全」について情報を発信しています。

 

野菜不足の人をはじめ、野菜が苦手な人、コンビニ弁当や外食ばかりの人、体調不良の人、などなど多くの人が野菜ジュースで野菜の栄養を補おうとしています。

なんでもそうですが、便利や手軽さの裏には必ずリスクがあります。

本当に良い野菜ジュースを探している人は、ぜひ最後まで読んでください。

※はじめに「安全な食品を買う方法」が知りたい人は、「安心安全な食品を買うなら食材宅配がおすすめ!」に進んでください。

 

「野菜生活」(野菜ジュース)は効果ある?

野菜生活の効果

 

まずはじめに、質問をいただいた「カゴメ野菜生活100」を実際に飲んでみた感想です。

 

20種類の野菜と3種類の果物が原料で、果物がミックスされている分、野菜の青臭さを感じず、非常に飲みやすい味になっています。

確かに、これなら野菜嫌いの人でも手軽に飲めますね。

 

さて、このような野菜ジュースを飲んで、本当に効果はあるのか。

 

アルトム
野菜不足を解消することはできますが、野菜をそのまま食べていることにはなりません!

 

詳しく解説しますと、「野菜に含まれるすべての栄養素を補うことはできない」ということです。

具体的には、次の栄養素が失われています。

  • 不溶性食物繊維
  • ビタミンC
  • 酵素

 

野菜ジュースでは「不溶性食物繊維」が摂れない

食物繊維には水溶性と不溶性があり、不溶性の食物繊維は野菜ジュースでは摂ることができません。

野菜を絞ってジュースにするときに、水に溶けない不溶性の食物繊維は絞りかすとして取り除かれてしまうからです。

 

ただし、水溶性の食物繊維は残っていますので、食物繊維すべてが摂れないわけではありません。

食物繊維を丸ごと摂りたいという人はスムージーをおすすめします。

 

野菜ジュースでは「ビタミンC」が摂れない

また、水溶性ビタミンの代表であるビタミンCも製造過程で失われてしまう可能性が高いです。

熱を加えると、ビタミンCが失われてしまうからです。

そのため、食品添加物としてビタミンCをあとから添加している商品が多いです。

 

野菜ジュースでは「酵素」が摂れない

野菜には酵素が含まれていますが、65度以上の熱を加えることで破壊されてしまいます。

市販されている野菜ジュースは、加熱して加工されています。

そのため、酵素はほとんど含まれていません。

 

【結論】野菜ジュースでは「野菜を食べること」にはならない

野菜ジュースを飲むことで、野菜の栄養を摂ることは出来ますが、まるごと野菜を食べることの代用にはなりません。

ですので、あくまでも「補助」として飲むのがおすすめです。

 

ちなみに「カゴメ野菜生活100」は、市販されている野菜ジュースの中ではとても飲みやすい商品だと思います。

 

では、ここからは、野菜ジュースの欠点について解説してゆきますね。

 

野菜ジュースの欠点

 

野菜ジュースを飲めば、確かに野菜の栄養を摂ることができますが、同時に欠点もあることを知っておきましょう。

その上で、より良い野菜ジュースを選んでみてください。

 

野菜ジュースの欠点①糖分が多い

 

野菜ジュースには色々な種類がありますが、野菜嫌いの人をターゲットにした、いわゆる「飲みやすい商品」が多くあります。

果物をミックスしてあったり、中には砂糖や人工甘味料が添加されているものもあります。

白砂糖が体に悪い理由【黒糖との違い、知っておきたい七つの弊害】 

食品添加物とは?メリット・デメリットを解説【日本は食品添加物大国だった!?】

 

ただ「美味しいから」という理由だけで商品を選んでいると、かえって糖分を多く摂り過ぎてしまうリスクがあります。

せっかく野菜不足を補う為に毎日飲んでいるのですから、糖分ではなく、野菜の栄養だけをしっかり摂りたいものです。

 

ちなみに、オイシックスの「ベジール」は、砂糖や人工甘味料はもちろん、食品添加物を一切使用していない安全性の高い野菜ジュースです。

 

「ベジール」について詳しく知りたい人は、こちらの記事も参考にしてください↓

オイシックス「ベジール」の効果は?その内容と感想!口コミもチェック!!【本当にオススメなのか?】

 

野菜ジュースの欠点②体を冷やす

 

野菜ジュースの飲み過ぎは体を冷やします。

基本的に、水分の摂り過ぎは体を冷やします。

もちろん、毎日の健康維持の為に水分は必要ですが、その量が多すぎると、体は冷えてしまいます。

ですから、野菜ジュースを毎日飲むのであれば、それ以外の水分(お茶やコーヒーなど)を意識的に減らし、体を冷やさないようにすべきです。

特に、低体温冷え性の人は気をつけましょう。

「冷えは万病のもと」です。

 

また、冬の間は体が冷えますので、野菜スープで補うのも良いと思います。

 

野菜ジュースの欠点③濃縮還元

 

実は、市販されているほとんどの野菜ジュースが濃縮還元です。

濃縮還元とは、搾った果汁の水分を4~6倍まで濃縮する製法のこと。濃縮後、冷凍保存し、製品化する時に水を加えて元の濃度に還元する。

 

搾った果汁そのままのストレートジュースと違って、濃縮還元のジュースは、一度濃縮したものを水で薄めているので、栄養成分が落ちています。

「100%果汁」という表記があったとしても、水で薄めている分、本当の100%ではありません。

つまり、濃縮還元の野菜ジュースは、野菜そのものの栄養を100%補っているわけにはならないのです。

 

ちなみに、濃縮還元の野菜ジュースの原料は、そのほとんどが外国産です。

なぜなら、濃縮還元をする1番の理由は、輸送するからです。

 

野菜や果物にはがあります。

本来、1年中同じ商品をつくることは出来ません。

だから、世界中から材料を集める必要があります。

その為、濃縮する必要があるのです。

搾った果汁そのものより、1度濃縮させてから運んだ方がコストが掛からず、輸送しやすいという点が挙げられます。

 

決して「濃縮還元が悪い」と言っているわけではありませんが、濃縮すると残留農薬も残りやすいので、栄養面でも安全面でもストレートジュースの方がおすすめです。

 

野菜ジュースの欠点まとめ
  • 糖分を摂り過ぎてしまうリスクがある
  • 飲み過ぎは体を冷やす
  • 濃縮還元ジュースはストレートジュースに比べて、栄養面も安全面も劣る

 

もちろん、完璧な商品はありませんので、より良い商品を選ぶための参考にしてください。

 

野菜不足を補う2つの方法

 

アンケート調査によると、野菜ジュースを飲む理由で1番多いのは、やはり「野菜不足を補うため」です。

出典:PR TIMES「野菜ジュースに関するアンケート調査」

 

しかし、手軽に買える市販の野菜ジュースには、いくつかの欠点があることは解説してきました。

では、ここからは「安全に野菜不足を補う方法」を2つ紹介します。

 

①野菜ジュースを自分でつくる

 

安全で、美味しい、栄養がしっかり摂れる。

そんな野菜ジュースを求めている人に、1番のおすすめは、自分でつくることです。

 

そうすれば、砂糖や保存料など、余計なものを摂らなくて済みます。

また、ジュースやスムージーでも、自分の好みに合わせて、野菜や果物を組み合わすことができます。

 

ジューサーを使えば、それほど時間はかかりません。

ただし、1つポイントがあります。

アルトム
スロージューサーを使いましょう!

 

自分で野菜ジュースをつくるのであれば、高速回転のジューサーではなく、低速回転のジューサー(スロージューサー)がおすすめです。

高速回転式のジューサーを使うと、金属製の刃を高速回転してジュースを搾るので、摩擦熱が発生し、食材の栄養素や酵素が損なわれてしまいます。

 

スロージューサーを使えば、野菜の栄養を損なうことなくジュースが絞れます。

 

②具沢山のお味噌汁を飲む

 

お味噌汁は日本人にとって最高の健康食といえます。

味噌汁こそ健康食!その栄養と効能効果【日本人が忘れてはいけないもの】

 

1日1杯でも、具沢山のお味噌汁を飲むという習慣をつくることができれば、野菜不足は解消できます。

ちなみに、厚生労働省が推進している「野菜1日350gを摂る」という目標は、実は、毎食に具沢山のお味噌汁を飲むようにするだけでも達成できます。

野菜1日350gの根拠は?「毎日食べるのなんて無理です!」という人に伝えたいこと

 

忙しい人でも、料理が苦手な人でも、お味噌汁なら簡単です。

 

まとめ

 

野菜ジュースは、手軽に野菜の栄養を摂れるので人気がありますが、あくまで補助的な役割として、活用しましょう。

野菜は健康を維持する為に必要な食べ物です。

「野菜ジュースを飲んでいれば、野菜を摂らなくていい」ということではありません。

 

アルトム
毎日の食事でしっかりと野菜を摂るようにして、不足している時は野菜ジュースで補うようにするのがおすすめです!

 

 

安心安全な食品を買うなら食材宅配がおすすめ!

野菜をはじめ、無添加で安心安全な食品・食材を求めるなら、食材宅配がおすすめです。

最近の食材宅配会社は(すべてではありませんが)、特に安全性に優れています。

 

前述したように、コンビニや一般スーパーなどで販売されている食品の多くに、白砂糖や添加物が使われています。

その品質が安全かどうかを調べることは、正直とても難しいです。

自然食品店やオーガニックスーパーなら、無添加の食品が手に入りますが、、、

アルトム
そういうお店は、まだまだ少ないですよね。

 

でも、食材宅配を利用すれば、近くにそういうお店がなくても安全な食品が手に入ります。

しかも、パソコンやスマホで簡単に注文できて、自宅に届くので、仕事や家事で忙しい人にもおすすめです。

食材宅配のメリット
  • 安全で美味しい食品が手に入る
  • スマホで簡単に注文できる
  • 自宅に届く

 

デメリットを挙げるとすれば、少しお値段が高いこと。

実際に、食材宅配サービスは一般スーパーなどに比べると、商品の価格が高めです。

しかし、その安全性と品質、そして体への健康効果を考えると、むしろお得な内容ともいえます。

いわば、「健康投資」ですね。

 

とはいえ、食費にばかりお金をかけるのも現実的ではありません。

食材すべてを食材宅配サービスでまかなうのではなく、「野菜にはこだわる」「調味料は安全なもので揃える」など上手に使い分けるのがおすすめです。

 

会社によって「お試しセット」があったり、「初回は送料無料」などのサービスがあったりしますので、まずは試してみる価値ありです。

アルトム
数ある食材宅配サービスの中で、「食の安全」を考える人に特におすすめなのがこの3つです!
おすすめの食材宅配
  • 坂ノ途中【野菜が格別の美味しさ!】→野菜重視の人におすすめ!化学合成農薬・化学肥料不使用で、環境負荷の小さい農法で元気に育った野菜を定期便で届けてくれます。数ある食材宅配サービスの中、野菜の美味しさは格別です。
  • 大地を守る会【安全な食品が総合的に揃う!】→創業40年以上の食材宅配のパイオニア!食材の安全基準が非常に厳しく、有機野菜や添加物をなるべく使用しない加工品など、安全な食品が総合的に揃います。
  • オイシックス【ミールキットが大人気!】→食材宅配で人気・知名度はナンバーワン!有機野菜をはじめ品質の高い食材が手に入ります。中でも、20分で主菜と副菜が作れるミールキット「Kit Oisix」が大人気。

 

おすすめの食材宅配については「食材宅配で本当にオススメはこの3社!!【自然食品店長が選ぶ納得のサービス!】」で詳しく紹介していますので、よろしければ参考にしてください。

食材宅配で本当にオススメはこの3社!!【自然食品店長が選ぶ納得のサービス!】