旬の野菜を食べる3つのメリット【体にいい、節約になる、環境にもいい】

野菜の選び方

 

この記事で分かること
  • 旬の野菜を食べることで得られるメリット
  • 安全で美味しい旬の野菜を手に入れる方法

アルトム
自然食品店の店長。Webライター。日本の食文化、食養を学んでいます。このブログでは主に「食の安全」について情報を発信しています。

 

野菜をはじめ、果物、魚など、食べものには「」があります。

私たちが旬の食材を食べることは、本来、自然なことです。

しかし、ハウス栽培や科学技術が発展した現代では、1年中同じ食材が手に入るようになり、それがゆえに旬を知らずに暮らしている人も多いです。

アルトム
私もまったく知りませんでした。

 

毎日を元気に暮らすために、食事はとても大切です。

旬を知り、旬の食材を食べることは、健康を守ることになります。

この記事では、旬の野菜を食べることで得られるメリットについて解説します。

また、記事の後半では、「安全な旬の野菜」をお得に買う方法も紹介します。

旬を知ると、毎日の食生活が今よりきっと豊かになるはずです。

※すぐに「安全な旬の野菜」をお得に買う方法が知りたい人は、「旬の野菜を買うおすすめの方法」に進んでください。

 

旬の野菜を食べることで得られる3つのメリット

 

旬の野菜を食べるメリットは主に3つあります。

check!
  1. 体にいい
  2. 節約になる
  3. 環境を守る

それでは、その理由を順に解説してゆきます。

 

旬の野菜を食べるメリット①体にいい

 

野菜における「旬」とは、他の時期よりも新鮮で美味しく食べられる時期のことをいいます。

基本的に栄養価が最も高くなり、その土地その季節で元気に過ごすための性質を持っています。

 

旬の野菜は「美味しくて栄養価が高い」

旬の野菜は、1年で1番が良く、栄養価が高いです。

現代では、季節を問わず様々な野菜がいつも売られていますが、同じ野菜でも、旬の季節のものとそうでないものとでは栄養価がまったく違います。

 

「旬」ではない時の野菜は、ビタミンの含有率が少ないことが分かっています。

例えば、冬が旬のほうれん草は100gあたり約60㎎のビタミンCが含まれていますが、夏場では20㎎と3分の1です。

また、トマトも旬である夏に採れる露地物にはビタミンCが21㎎含まれ、冬のハウス栽培のものだと14㎎になります。

 

そして、栄養価の違いは、味にも出てきます。

野菜自体の美味しさにも差がありますが、その季節ごとに私たちが欲するものが違ってくるから、美味しさの感じ方が違ってきます。

 

旬の野菜は「体を調節する」

旬の野菜には、その時期に食べることで私たち人間の体を調節してくれる働きがあります。

例えば、夏に採れる野菜の多くは、体を冷やす性質を持ちます

反対に冬に採れる野菜は、体を温めるものが多いです

 

私たち人間の体温は36.5~37度が平熱といわれ、この体温の時が最も健康的な状態であり、体内の細胞は活発に動いています。

食べ物は、この基礎体温、そして深部の体温に影響を与えます。

 

体温は高すぎても、低すぎても、体にはよくありません。

「冷えは万病のもと」というように、特に体の冷えは体調を崩す要因にもなります。

ちなみに、体温が1度下がると新陳代謝は13%低下し、体を守る免疫は30%低下することが分かっています。

最近は、体温が35度代という人も多く、体を冷やす食べ物ばかりを食べてしまっていることも原因の一つだと考えられています。

例えば、夏野菜のキュウリやナス、トマトなどを寒い冬の時期も食べ続けることは、体を冷やしてしまうことになりますから、気をつけましょう。

旬の野菜を摂ることは、体を健康的な状態に調節してくれる手助けとなります。

 

旬の野菜を食べるメリット②節約になる

 

「今が旬」の野菜は、本来、自然に成る時期ですので、1年で最も収穫量が多くなります。

その為、多く収穫できる分、価格は低くなり、最もお買い得な時期となります。

 

先述したように、現在は1年中同じ野菜を買うことが出来ます。

トマトやキュウリなど、よく使われる人気の野菜はいつもスーパーの棚に並んでいますよね。

今は、旬の野菜よりも、年間を通してよく売れるものが店頭に並ぶ傾向があります。

 

旬を外した野菜は、全体的に収穫量が減りますので、希少価値が高まります。

その分、価格も上がります。

つまり、旬の野菜を買うことは、それだけで節約していることになるのです

 

旬の野菜を食べるメリット③環境にもいい

 

野菜を栽培するためのガラス室、またハウスの利用は年々増えています。

例えばトマトは、年間を通して売られている野菜ですが、そのほとんどがビニール屋根を使った雨よけ栽培や温室ハウス栽培によるものです。

本来夏に旬を迎えるトマトを1年中同じ環境で育てるために、ハウスの加温をします。

そのことで、多くの温室効果ガスを発生させてしまいます。

 

旬に合わせて育てられる野菜には、人工的なガラス室、ハウスを利用することがなく、自然に合わせて育つため余分なエネルギーを必要としません。

つまり、旬の野菜を選ぶことはそれだけでエコになり、環境負荷を少なくすることにもなります。

 

旬の野菜を知る【1~12月まとめ】

 

以下の記事では、月ごとの「旬の野菜」を紹介しています。

アルトム
各月のおすすめ野菜も紹介していますので、ぜひ参考にしてください!

 

 

旬の野菜を買うおすすめの方法

 

一般スーパーでは旬ではない野菜も多く売られているため、自分が知っている野菜、好きな野菜ばかりを買ってしまう人も多いのではないでしょうか。

自然食品店や道の駅などを利用すると、自然と旬の野菜が手に入るのでおすすめです。

ただし、住んでいる地域にそういうお店がない人もいます。

また、旬の野菜を買いたくても、忙しくて買い物に行けないという人も少なくありません。

そこでおすすめなのが「野菜宅配」です。

 

野菜宅配なら、旬の野菜が自宅に届きます。

また、無農薬や有機栽培など、安全で品質の良い野菜にこだわっている会社もあります。

安全で美味しい野菜を買うなら、「野菜宅配」を試してみるのがおすすめです。

 

ただし、野菜宅配・食材宅配は料金が高いイメージがありますよね。

確かに、一般スーパーと比べると割高です。

ですが、その安全性と品質、美味しさ、そして体への健康効果を考えると、長期的にみればとてもお得な内容と思います。

毎日の食事は、元気に暮らしてゆく上でとても大切なことです。

健康を考えたら、食は節約すべきでなく、投資と考えてもいいと思います。

いわば、「健康投資」ですね。

 

以下は、特に安全と品質にこだわっている野菜宅配サービスです。

美味しくて安全な旬の野菜を求めている人におすすめです。

おすすめの野菜宅配

 

おすすめの野菜宅配に関しては「【決定版】野菜宅配おすすめランキング!食の安全を考えるならこの5つ!」の記事で詳しく紹介していますので、よろしければ参考にしてください。

【決定版】野菜宅配おすすめランキング!食の安全を考えるならこの5つ!

 

まとめ

 

旬の野菜を食べることは、本来の在り方で自然なことです。

そして、長年続けてきた体を保つための食材です。

 

旬の野菜は美味しくて栄養があるだけでなく、その時季を健康に過ごすために体を調節してくれる働きがあります。

また、1年で最も収穫量が多い時でもあり、そのため安価で手に入り、実は節約になります。

そして、安全な旬の野菜を買うことで、その農家を応援し、農薬や化学肥料をなるべく使用しない農業を応援することになり、環境を守ることにも繋がります。