▶納得!ココなら安全な食品が手に入る!

七草粥はいつ食べる?その意味と由来【春の七草の健康効果】

 

「七草粥っていつ食べるの?」

「なんで食べるのかな?」

こんな疑問に答えます。

この記事で分かること

  • 七草粥を食べる日
  • なぜ七草粥を食べるのか
  • 春の七草の健康効果について

アルトム
自然食品店の店長。Webライター。日本の食文化食養を学んでいます。このブログでは主に「食の安全」について情報を発信しています。

 

新しい年が明けて、お正月休みが終わる頃に食べるのが「七草粥」です。

近年は、こうした昔ながらの風習が薄らいできていますが、やはりこうした時期になると自然と頭に浮かぶのは、日本の伝統文化が根強いということですね。

この記事を読むと、「なぜ七草粥を食べるのか」が分かり、そこに込められた先人の願いを知ることで、より日本の食文化に興味が湧くと思います。

 

目次

七草粥はいつ食べる?その意味と由来

 

七草粥は1月7日の朝に食べます。

なぜ食べるのかといいますと、「お正月のご馳走やお酒によって疲れた胃腸を休めるために」とよくいわれますが、実はこれは後付けされた理由です。

本当の理由は、1年の無病息災と五穀豊穣を祈るためです。

 

1月7日、この日は「人日の節句」です。

日本の「五節句」の一つに数えられる大切な行事として、古くは平安時代から伝えられてきました。

五節句

  • 1月7日 人日(じんじつ)の節句[七草の節句]
  • 3月3日 上巳(じょうし)の節句[桃の節句、ひなまつり]
  • 5月5日 端午(たんご)の節句 [こどもの日]
  • 7月7日 七夕(しちせき)の節句[たなばた]
  • 9月9日 重陽(ちょうよう)の節句[菊の節句]

 

実はこの「五節句」は、中国から伝わってきたものです。

中国では、年が明けて元旦を鶏の日、2日は犬、3日は猪、4日は羊、5日は牛、6日は馬、7日は人、8日は穀の日として、占いをする風習がありました。

この占いと共に、1月7日に、無病息災を願って7種類の野菜を入れた汁物を食べる「七種菜羹(しちしゅのさいこう)」という風習があります。

この「七種菜羹」と、もともと日本の風習としてあった、年のはじめに若菜を摘んで食べることで自然から新しい生命力をいただく「若菜摘み」という文化が結びついて、現在の「七草粥」になったといわれています。

 

春の七草の健康効果【先人が込めた願い】

 

平安時代に中国から伝わり、その後「七草粥」は江戸時代に一般的な行事となり広まっていきました。

もともとは「七種粥」と言って、米や小豆、胡麻などが入っていたそうですが、前述した「若菜摘み」の風習が組み合わさってからは現在の「春の七草」が用いられるようになりました。

 

春の七草

  1. セリ
  2. ナズナ
  3. ゴギョウ
  4. ハコベラ
  5. ホトケノザ
  6. スズナ
  7. スズシロ

 

これら7種類は「縁起が良い」とされ、それぞれに願いが込められています。

アルトム
しかも健康的な栄養成分がバランスよく含まれています!

 

①芹(セリ)

水辺に競り合うように生えることから名づけられたセリ。

「競り勝つ」という言葉に寄せて、縁起が良い食べ物として選ばれています。

実際に、セリには鉄分やビタミンBが豊富に含まれていて、造血作用があり、また、風邪の回復にも効果があるといわれています。

 

②薺(ナズナ)

あまり聞きなれない名前ですが、ペンペン草のことです。

ナズナは「なでて汚れをはらう」という願いが込められています。

ナズナに含まれた栄養成分により、利尿作用、血圧安定、解熱作用があります。さらに、ビタミンKを多く含み、骨粗鬆症の予防にも役立ちます。

 

③御形(ゴギョウ)

別名、母子草(ハハコグサ)。

「仏の体」を表しているといわれている草です。

この草には、喉の痛みを和らげ、咳を止める効果があります。

 

④繁縷(ハコベラ)

細かい茎に葉が群がるようについている様子から、繁栄がはびこりますようにという願いが込められています。

ハコベラは薬草としての歴史も長く、ビタミンB、C、カルシウム、カリウムなど栄養を豊富に含み、関節炎やリウマチに効果があるとされています。

 

⑤仏の座(ホトケノザ)

葉が地面に平らに広がって生えている姿から仏の安座に見立てて名付けられました。

整腸作用があり、筋肉痛、歯痛を和らげる効果があります。

 

⑥菘(スズナ)

野菜の蕪(カブ)のことです。

スズナは神を呼ぶ鈴と呼ばれ、縁起が良いとされています。

蕪(カブ)は通常、根の部分を食べますが、七草粥では葉の部分を使います。

葉には、食物繊維、カルシウム、ビタミンB、Cが豊富に含まれ、胃腸を整え、消化を手助けしてくれます。

 

⑦蘿蔔(スズシロ)

これも、あまり聞きなれない名前ですが、野菜の大根のことです。

前述した蕪(カブ)と同じように、葉の部分が使われます。

「清白」とも書かれることがあり、汚れのない純白さを表していると言われています。

食物繊維、ビタミンA、Cを含み、消化を助け、便秘の解消、美肌効果、風邪予防に効果があります。

 

【簡単!】七草粥の作り方

 

アルトム
つくり方はとっても簡単です!
「七草粥」の材料(4人分)

  • 「春の七草」 適量
  • 白米 1/2合
  • 水 600ml
  • 塩 少々

 

  1. 「春の七草」を洗い、沸騰したお湯でさっとゆでる。(春の七草は市販品のパック売りされているものが便利です)
  2. すぐにざる上げして、冷水にとり、冷めたら軽くしぼって、細かく刻む。
  3. 研いだ白米を鍋に入れ、水600mlを入れて火にかける。(煮立つまでは中火、煮立ってきたら弱火ににします)
  4. 30~40分ほど炊く。
  5. お粥が炊けたら、塩を少々と「春の七草」を加えて軽くまぜて温めて、出来上がりです。

 

まとめ

日本の食文化の一つ、「七草粥」を食べる意味と由来について解説しました。

check!

  • 「七草粥」は1月7日の朝に食べる
  • 食べる理由は、1年間の無病息災と五穀豊穣を祈るため
  • 春の七草は「縁起のいい」願いが込められていて、健康的な栄養成分が含まれている

 

「後付けされた理由」として紹介しましたが、「七草粥」は正月料理で疲れた胃腸を休めるのに適したヘルシーな内容です。

食べるときは、その意味も感じながら、ゆっくりと味わいたいものです。

 

2月、「節分」の意味と由来についてはこちら↓

あわせて読みたい
なぜ?節分の日にいわしを飾る意味と由来【いわしを食べると良い理由】   2月といえば節分です。 「昔は玄関にいわしが飾られているのをよく見たけど、どういう意味なんだろう?」 こんな疑問に答えます。   節分と言えば、豆まき...

 

安心・安全な食材を買うなら食材宅配がおすすめ!

毎日の食事は、安心安全な良い食材で行いたいものです。

 

私は、食材宅配をおすすめしています。

最近の食材宅配会社は(すべてではありませんが)、特に安全性に優れています。

食材宅配の強み

  • 「安心安全で美味しい」を基準にしている
  • 生産者の顔が分かるように情報を公開している

 

コンビニや一般スーパーなどで販売されている食材は、その品質が安全かどうかを調べることは、正直とても難しいです。

近くに自然食品店があればいいですが、、、

そういうお店は、まだまだ少ないですよね。

 

食材宅配なら、パソコンやスマホで簡単に注文できて、届いた商品を安心して食べることができます。

 

数ある食材宅配の中で、どこを選べばいいのか分からないという方は、私が実際に試してみて、おすすめできる会社を以下の記事で紹介していますので、よければ参考にしてください↓

あわせて読みたい
【厳選】食材宅配おすすめランキング!自然食品店長が人気サービス9社を徹底比較! この記事で分かること 「食材宅配を利用してみようと思うけど、どこがおすすめなのか知りたい、、、」 そんな悩みを持っている人のために、この記事を書きました。 食材...

 

野菜宅配はこちら↓

あわせて読みたい
【決定版】野菜宅配おすすめランキング!食の安全を考えるならこの5つ!   「野菜宅配でおすすめってどこなの?」 「その中でも安いところがあれば知りたい!」 という人のためにこの記事を書きました。   現在、野菜宅配会社はざっ...

 

このブログでは、「食の安全」をテーマに、私が学んだ情報をお伝えしています。

アルトム
ぜひ、毎日の食生活をより良くするために参考にしてください!

 

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

ジャンクフード中毒から自然食品店の店長に。
無添加の食品に囲まれて生活しています。
人生において、食が最も大切であることに気付き、食養学、日本の食文化を勉強。
「食の安全」について情報を発信しています。

コメント

コメントする

目次
閉じる