【子どもと共にもう1度学ぶ】春の七草「七草粥」はいつ食べる?その意味と由来とは?

食文化
スポンサードリンク

日本には、昔から伝わる食文化がいくつもあります。

新しい年を迎えて、お正月休みがあける頃に食べる七草粥もその内の一つです。

日本の伝統文化は、後世に伝えてゆくべき、とても意味のある、そして理にかなった内容です。

特にお子さまがいるご家庭では、こういう大切な文化、風習を伝えていってほしいものです。

アルトム
七草粥を食べる意味を知ると、食べるのが楽しくなりますよ!
ここがポイント!
  • 七草粥は1月7日の朝に食べる!
  • 食べる理由は、1年間の無病息災と五穀豊穣を祈るため!
  • 「春の七草」にはすべて意味が込められている!
  • 七草粥には健康的な栄養素がバランスよく含まれている!

七草粥はいつ食べる?その意味と由来

七草粥は1月7日に食べます。

なぜ食べるのかといいますと、「お正月のご馳走やお酒によって疲れた胃腸を休めるために」とよく言われますが、実はこれは後付けされた理由です。

本当の理由は、1年の無病息災と五穀豊穣を祈るために食べるものなのです。

この日は「人日の節句」といって、日本の5節句の一つに数えられる大切な行事として、古くは平安時代から伝えられてきました。

ちなみに、5節句は以下の通り。

日本の5節句
  • 1月7日 人日(じんじつ)の節句[七草の節句]
  • 3月3日 上巳(じょうし)の節句[桃の節句、ひなまつり]
  • 5月5日 端午(たんご)の節句 [こどもの日]
  • 7月7日 七夕(しちせき)の節句[たなばた]
  • 9月9日 重陽(ちょうよう)の節句[菊の節句]
アルトム
実はこの5節句、中国から伝わってきたものなのです。

中国では、年が明けて元旦を鶏の日、2日は犬、3日は猪、4日は羊、5日は牛、6日は馬、7日は人、8日は穀の日として、占いをする風習がありました。

この占いと共に、1月7日に、無病息災を願って7種類の野菜を入れた汁物を食べる「七種菜羹(しちしゅのさいこう)」という風習があります。

この「七種菜羹」と、元々日本の風習としてあった、年のはじめに若菜を摘んで食べることで自然から新しい生命力をいただく「若菜摘み」という文化が結びついて、現在の七草粥になったと言われています。

 

七草粥の内容と健康効果~春の七草に込められた願い~

平安時代に中国から伝わった七草粥は、江戸時代以降に一般的な行事となり広まっていったと言われています。

もともとは「七種粥」と言って、米や小豆、胡麻などが入っていたそうですが、前述した「若菜摘み」の風習が組み合わさってからは現在の「春の七草」を入れるようになりました。

春の七草
  1. セリ
  2. ナズナ
  3. ゴギョウ
  4. ハコベラ
  5. ホトケノザ
  6. スズナ
  7. スズシロ

「縁起が良い」とされる七草には、それぞれに願いが込められています。

アルトム
しかも健康的な栄養素がバランスよく含まれているんです!

芹(セリ)

水辺に競り合うように生えることから名づけられたセリ。

競り勝つという言葉に寄せて、縁起が良い食べ物として選ばれています。

実際に、セリには鉄分やビタミンBが豊富に含まれていて、造血作用があります。

また、風邪の回復にも効果があると言われています。

薺(ナズナ)

あまり聞きなれない名前ですが、ペンペン草のことです。

ナズナはなでて汚れをはらうという願いが込められています。

利尿作用があり、血圧を下げ解熱作用があります。

ビタミンKを多く含み、骨粗鬆症の予防にも役立ちます。

御形(ゴギョウ)

別名、母子草(ハハコグサ)。

仏の体を表していると言われている草です。

喉の痛みに効き、咳を止める働きがあります。

繁縷(ハコベラ)

細かい茎に葉が群がるようについている様子から、繁栄がはびこりますようにという願いがこめられています。

薬草としての歴史も長く、関節炎リウマチに効果があると言われています。

ビタミンB、C、カルシウム、カリウムなど栄養素を豊富に含んでいます。

仏の座(ホトケノザ)

葉が地面に平らに広がって生えている姿から仏の安座に見立てて名付けられました。

整腸作用があり、筋肉痛歯痛にも効果があります。

菘(スズナ)

これは野菜の蕪(カブ)のことです。

スズナは神を呼ぶ鈴と呼ばれ、縁起が良いとされています。

蕪(カブ)は通常、根の部分を食べますが、七草粥では葉の部分を使います。

葉には、食物繊維、カルシウム、ビタミンB、Cが豊富に含まれ、胃腸を整え消化を手助けしてくれます。

蘿蔔(スズシロ)

これも、あまり聞きなれない名前ですが、野菜の大根のことです。

前述した蕪(カブ)と同じように、葉の部分が使われます。

「清白」とも書かれることがあり、汚れのない純白さを表していると言われています。

食物繊維、ビタミンA、Cを含み、消化を助け便秘の解消美肌効果風邪予防に効果があります。

 

七草粥の作り方

アルトム
とっても簡単ですので、是非作ってみましょう!
材料(4人分)
  • 「春の七草」 適量
  • 白米 1/2合
  • 水 600ml
  • 塩 少々

作り方

  1. 「春の七草」を洗い、沸騰したお湯でさっとゆでる。(春の七草は市販品のパック売りされているものが便利です)
  2. すぐにざる上げして、冷水にとり、冷めたら軽くしぼって、細かく刻む。
  3. 研いだ白米を鍋に入れ、水600mlを入れて火にかける。(煮立つまでは中火、煮立ってきたら弱火ににします)
  4. 30~40分ほど炊く。
  5. お粥が炊けたら、塩を少々と「春の七草」を加えて軽くまぜて温めて、出来上がり!

 

まとめ

今回は、日本の食文化の一つ、七草粥を食べる意味と由来について解説しました。

ここがポイント!
  • 七草粥は1月7日の朝に食べる!
  • 食べる理由は、1年間の無病息災と五穀豊穣を祈るため!
  • 「春の七草」にはすべて意味が込められている!
  • 七草粥には健康的な栄養素がバランスよく含まれている!

中国から節句の文化が伝わり、七草粥の風習が始まった当時、現在みたいに野菜の栄養成分が解明されていたわけではありません。

しかし、七草粥の内容は、とても健康的です。

まさに、正月料理で疲れた胃腸を休めるのに適したヘルシーな内容です。

是非、七草粥に込められた意味を感じながら、お正月に家族で食べてみましょう。

安心・安全な食材を買うなら食材宅配がおすすめ!

食の安全を考えるなら、食材宅配がおすすめです。

アルトム
「春の七草」もありますよ!

最近の食材宅配会社は(すべてではありませんが)、「安心安全で美味しい」を基準に食材を提供しています。また、生産者の顔が分かるように情報も公開しています。

コンビニや一般スーパーなどで販売されている食材は、その品質がどうかを調べることは正直とても難しいです。

食材宅配なら、そんな心配もなく、届いた食品を安心して食べることができます。

【食材宅配】比較ランキング!人気会社の「お試しセット」感想まとめ

2019年10月11日

 

アルトム
このサイトでは、野菜をはじめ安全な食べ物の情報をお伝えしています!
このサイトのポイント!
  • 食べものが持つ健康効果について
  • 食の問題について
  • おすすめの食材宅配について

是非、毎日の食生活をより良くするために参考にしてください!

それでは。